キックボクシング
レポート

【RISE】那須川天心が鈴木真彦の6年間の想いも寄せ付けず勝利、ダークホース風音が志朗を破り優勝&同門の那須川天心に宣戦布告、直樹が白鳥大珠を返り討ち、YA-MANがOFGで秒殺KO

2021/09/23 14:09

▼第8試合 オープンフィンガーグローブマッチ スーパーライト級(-65kg)3分3R
○山口裕人(山口道場/WPMF世界スーパーライト級暫定王者)
判定3-0 ※29-27×3、28-27
×稲石竜弥(Team OJ/ライト級6位、第2代Bigbangライト級王者、第19代MA日本ライト級王者)


 山口は関西キックボクシング界を代表する激闘派ハードパンチャーで、大阪でプロデビューから8連勝。中央進出後は木村ミノル、東本央貴などに勝利。WPMF世界スーパーライト級暫定王座、WBCムエタイ日本同級王座、INNOVATION同級王座、DEEP☆KICK 63kg級&65kg級王座、WPMF世界スーパーライト級暫定王座など数々のタイトルを獲得している。5月にRISE初のOFG戦に志願したが、松本芳道と時間切れ引き分け(判定無し)に終わった。7月の大阪大会でもOFG戦が組まれたが、対戦相手が減量中に病院へ搬送されたため試合は中止に。戦績は25勝(17KO)18敗1分。


 稲石はREBELS、Bigbang、Krushなど様々なリングを渡り歩き、3本のベルトを腰に巻いた。“変態的”と称されるバックハンドブローやバックスピンキック、ジャンプしての攻撃などトリッキーな動きが持ち味だ。前戦は5月に元J-NETWORKライト級王者・杉本卓也に判定勝ち。戦績は26勝(6KO)15敗1分。


 1R、稲石は得意の重い左ミドルを蹴り、ジャブを伸ばす。山口は左右フックを繰り出して前へ出るが、稲石は右ハイ、左ミドルを蹴る。稲石がバックハンドブローを出した後、山口もバックハンドブローを放ってダウンを奪う。一気にラッシュをかける山口が左右フック、左ボディからの右フックでダウンを追加。山口が右ボディ、右フック。山口が頭を下げたところに稲石がハイキックで反撃。


 2R、山口が左ミドルに後ろ蹴り、ノーガードで挑発する。前に出て攻めてくる山口に稲石は左右フックと左ミドル、そしてバックブロー。山口も1R同様バックブローを出すが稲石が今度はかわす。稲石の左ハイからの左ミドルで下がる山口に稲石が左右ストレートで優勢に。前に出てくる山口に左右フックを当てる稲石。


 3R、稲石が左ボディを強打。両者ともミドルを蹴り、ジャブを突く。前に出る山口に稲石が下がりながらも左右フックをヒットさせていく。稲石は右目上から流血するも、トリケラトプス拳のポーズも見せる。山口の右ローに稲石がバックブロー、山口はまたもすぐにバックブローを返す。稲石のフックにグラつく山口だが、すぐにパンチを出しながら前へ出る。


 攻守がめまぐるしく入れ替わる試合となったがダウンを奪った山口が判定勝ち。マイクを持つと「稲石選手めっちゃやりにくいです。ダウン取った後に行けって思ったでしょう? めっちゃ効いてたんですよ、稲石選手の攻撃。今も頭が痛いです。YA-MANやるな、アイツほんま。ABEMAの企画でOFGやったらおもろいと思うんで、名前もないですけどよろしくお願いします」と、ABEMAで番組をやって欲しいとアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント