キックボクシング
レポート

【RISE】那須川天心が鈴木真彦の6年間の想いも寄せ付けず勝利、ダークホース風音が志朗を破り優勝&同門の那須川天心に宣戦布告、直樹が白鳥大珠を返り討ち、YA-MANがOFGで秒殺KO

2021/09/23 14:09

▼第4試合 スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
○実方拓海(TSKjapan/同級2位、WMC日本スーパーライト級王者、LPNJスーパーライト級王者)
判定2-0 ※30-29×2、29-29
×伊藤澄哉(戦ジム/同級5位)


 実方は日本タイトルを4冠持つベルトコレクターで、ヒジ有りでの実績は折り紙付き。昨年6月のRISE初参戦では、EVOLのメインで川島史也を撃破。今年2月には杉本卓也を判定で下し、11月の次期挑戦者決定戦でタップロンからボディへのパンチ&ヒザ蹴りでダウンを奪って判定勝ち。1月大会では山田洸誓が保持するRISEスーパーライト級王座に挑戦するも判定負け。戦績は19勝(4KO)7敗1分。


 対するは“ムエタイ才女”伊藤紗弥の実兄。伊藤は地下格闘技キックの大会『益荒男』や『飛車角』で活躍。17勝15KOという実績を引っ提げて2019年11月にRISEに参戦。ホープとして期待されるチームドラゴンの森香津眞からダウンを奪い判定勝利を収めると、昨年11月にはランカーとして長く活躍する川島史也を相手に、強烈な右フックでロープ外に吹っ飛ばすと追撃の連打でKO勝利を収めている。今年4月には水落洋祐をも初回KOに仕留めた。戦績は3勝(2KO)無敗。


 1R、サウスポーの実方に右ストレートで突っ込む伊藤に実方は左ストレートを合わせに行く。伊藤は構えを左右にスイッチしながら左右フックを狙い、実方はジャブを中心に左ミドルを蹴る。実方もスイッチしてオーソドックスになり、左ボディを決める。


 2R、サウスポーに戻った実方に伊藤もサウスポーになる。伊藤はスイッチしての左ストレート、実方もスイッチして右ヒザ、右ロー、左フック。フックで前に出る伊藤に実方は左ボディからの右フック。実方もスイッチして左ストレート。伊藤の左フックには右フックを合わせに行く。


 3R、伊藤は右ミドル、右ローを蹴り、実方がこのラウンドはパンチを多用するところへ右ストレートを繰り出す。打ち合いで実方が左フックをヒットさせると、直後に負けじと伊藤がワンツーをヒット。実方はヒザと左三日月を突き刺す。伊藤は倒しに行こうと左右フックを繰り出すが、実方はかわしながらの右フック。右フックからヒザ蹴りも。打ち合いの中、実方が強烈な右をボディへ打ち込み、さらにヒザ。最後は実方が打ち合いの中で的確さで上回った。


 判定は2-0で実方が勝利。伊藤にプロ初黒星を付けた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント