キックボクシング
レポート

【RISE】那須川天心が鈴木真彦の6年間の想いも寄せ付けず勝利、ダークホース風音が志朗を破り優勝&同門の那須川天心に宣戦布告、直樹が白鳥大珠を返り討ち、YA-MANがOFGで秒殺KO

2021/09/23 14:09

▼第2試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
○宮崎就斗(TARGET/DEEP☆KICK -57.5kg王者、RISEフェザー級5位)
判定3-0 ※30-29×3
×奥平将太(FIGHT CLUB 428/Team Bull/スーパーフェザー級9位、Bigbangアマチュア6階級王者)


 奥平はBigbangアマチュア6階級王者の肩書きを引っ提げ、2020年10月にプロデビュー。現在2勝(2KO)無敗のホープだ。その戦績もさることながらルックスもよく、なんと大会前日には計量を終えたその足で『TGC teen 2021』にSUPER teenの一人として出演した。7月大会ではベテランの瑠夏を破ったが、今大会からフェザー級に階級を下げる。3勝(2KO)無敗。


 対する宮崎は22勝(7KO)17敗2分の戦績を持つベテランのサウスポー。DEEP☆KICK王座も保持している。


 1R、宮崎は得意の左ローを放ちつつ前に出るが、奥平はスピードのある右ストレートと左フックで対抗。奥平は右ハイも速い。


 2R、宮崎はどんどん前へ出る。左ストレートが奥平を捉え始め、左ハイ、左インローも。奥平はジャブ、右ミドル、左アッパーで対抗するが、宮崎の左ストレートをもらってクリンチする。奥平にホールディングの注意。


 3Rも前に出るのは宮崎。左右に動く奥平をじりじりと追い詰めていき、左ローと左ストレート、左ミドル。奥平はジャブと右ローで対抗も宮崎に対して下がる場面が多い。宮崎はどんどん前へ詰めていき、左ミドルと左ストレートを次々と当てていく。


 判定は3-0で宮崎が勝利。ベテランの意地を見せつけ、奥平にプロ初黒星を付けた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント