キックボクシング
レポート

【RISE】那須川天心が鈴木真彦の6年間の想いも寄せ付けず勝利、ダークホース風音が志朗を破り優勝&同門の那須川天心に宣戦布告、直樹が白鳥大珠を返り討ち、YA-MANがOFGで秒殺KO

2021/09/23 14:09

▼オープニングファイト2 フェザー級(-57.5kg) 3分3R
○松井大樹(MEIBUKAI/ISKAアマチュア世界大会 日本トーナメント優勝)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-28
×しん太郎(=しんの漢字は王に申/KRAZY BEE/第19回K-1アマチュアBクラストーナメント優勝)※河津伸太郎よりリングネーム変更


 1R、左右の連打と右ローで前に出る松井にサウスポーのしん太郎は左ミドルからの左ストレートで対抗。終盤は両者距離を取ってのミドルとローの蹴り合いに。


 2R、しん太郎が左ストレートをヒットさせる。距離を取った戦いをしたいしん太郎に、インファイトをしたい松井の図式。松井のバッティングで中断後、しん太郎が左ミドルと左ローで前へ出る。松井は右ローで応戦し、ラスト1分に左右ストレートで前へ出る。


 3R、しつこく右ローを蹴っていく松井にしん太郎が左右ストレートで前へ出る。飛び込む松井のバッティングをアピールするしん太郎だが続行。松井はパンチで果敢にアタックを続け、しん太郎は左ミドルと前蹴りで突き放しにかかる。右ローを連打する松井にしん太郎はガムシャラにパンチを繰り出すが足が流れる場面も。


 アグレッシブな攻撃を見せた松井が判定2-0で勝利を収めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント