キックボクシング
レポート

【RISE】那須川天心が鈴木真彦の6年間の想いも寄せ付けず勝利、ダークホース風音が志朗を破り優勝&同門の那須川天心に宣戦布告、直樹が白鳥大珠を返り討ち、YA-MANがOFGで秒殺KO

2021/09/23 14:09

▼第9試合 Super Fight!ミドル級(-70kg)3分3R延長1R
○“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)
判定3-0 ※30-28×3
×ねぎ魔神(ネイバーズキックボクシングジム/同級9位)


 ベイノアは極真会館の2018年全日本ウェイト制空手道選手権大会・軽量級で優勝した実績を持ち、キックボクシングには2016年5月から出場。デビューから7戦全勝でJ-NETWORKウェルター級王座を獲得後はRISEに主戦場を移し、2018年11月にRISEウェルター級王座を獲得した。2020年7月からはミドル級に階級を上げ、緑川創に挑むも判定負け。10月の宮城寛克戦では鮮やかなハイキックでKO勝ちすると、2月には憂也を延長戦の末に降した。さらに、6月13日の東京ドーム『RIZIN.28』ではMMAに初挑戦、弥益ドミネーター聡志に敗れるも好試合を展開している。戦績は17勝(9KO)3敗。


 ねぎ魔神は2021年3月に福岡で開催された『RISE WEST』に突如現れ、2R1分44秒、左右フックでダウンを奪った後の相手のカットでTKO勝ち。続く6月の同大会でも判定2-0で連勝し、8月に発表されたランキングでミドル級9位に。戦績は7勝(3KO)3敗。身長は183cmでベイノアの178cmよりも高い。今回、東京に“初出荷”される。


 ベイノアはいつになく気合いの入った表情で入場。1R、ガードを固めて前に出るねぎ魔神にベイノアは左右へ動きながらパンチ&ロー。ジャブで押し返すベイノアは後ろ蹴りから後ろ廻し蹴りをヒットさせる。それでも前へ出るねぎ魔神。ベイノアの左フック、右ローにも後退しない。ベイノアの右フック強打、後ろ蹴りがクリーンヒット。声を出しながら右フックを打つねぎ魔神。


 2R、ベイノアは左ボディを狙い撃ちし、前へ出るねぎ魔神をジャブで止める。ねぎ魔神は変わらず前へ出てショートの距離で左右フックを打つ。ベイノアは左右ボディ。ベイノアは右スネから流血してドクターチェック。再開後、ベイノアがパンチでラッシュを仕掛け、ねぎ魔神もこれに応える。両者声を出しながらのパンチの応酬。ベイノアはボディへのヒザを連打するが、ねぎ魔神はパンチで前へ出る。ねぎ魔神の右ストレートならぬねぎストレートが決まり、ベイノアは左フックを返す。


 両手を広げて雄叫びを上げ、観客を煽るねぎ魔神。3R、ジャブ、左ボディ、右ストレート、そして左右フック、後ろ蹴りと猛攻を見せるベイノア。それでもねぎ魔神は下がらずパンチとローを出す。さらにねぎストレート。下がるベイノアだが右ショートアッパーを連打。ねぎ魔神もねぎストレートをヒットさせる。両手を広げて声を出し、煽るねぎ魔神。両者声をあげながらの殴り合い。その中でもベイノアはしっかりと左右フック、左ボディ、右ローを当て、最後は左ハイ。


 試合終了のゴングが鳴るとねぎ魔神は勝ったかのようコーナーへ昇ってアピールしたが、判定は3-0でベイノアの勝利に。「押忍。ねぎ! ねぎの試合でしたね。ねぎな試合でした。俺が勝ったら魔神の名前もらうって言っていたので明日からベイ魔神だと思ったんですが、これでは名乗れません。だからねぎをください。勝って大晦日参戦をアピールしようと思ったんですが…なので査定試合ください。ルールは何でもいいです。もう1試合、そこで勝って年内2試合お願いします」とねぎ魔神を称え、RIZIN大晦日大会出場の懸かった査定試合をやって欲しいとアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント