キックボクシング
レポート

【RISE】那須川天心が鈴木真彦の6年間の想いも寄せ付けず勝利、ダークホース風音が志朗を破り優勝&同門の那須川天心に宣戦布告、直樹が白鳥大珠を返り討ち、YA-MANがOFGで秒殺KO

2021/09/23 14:09

▼第3試合 フライ級(-51.5kg)3分3R
△酒井柚樹(TEAM TEPPEN)
判定1-1 ※30-29、29-29、29-30
△KING TSUBASA(ROYAL KINGS/KOSスーパーフライ級5位)


 新設されたばかりの最軽量級のフライ級(-51.5kg)で酒井とTSUBASAが対戦。TSUBASAはDEEP☆KICKやホーストカップなど関西を中心に活躍する選手。7勝(2KO)8敗。迎え撃つ酒井は6勝(1KO)11敗3分の戦績で、過去5戦は3敗2分と勝ち星が欲しいところ。


 1R、TSUBASAはジャブを繰り出すと思い切り踏み込んで伸びる右ストレート。酒井は細かくコンビネーションを放っていく。


 2R、お互いにカーフを蹴り、TSUBASAは左フックを強打。酒井はTSUBASAのプレッシャーをジャブで押し返して右ローにつなぐ。酒井がジャブで流れをつかみ始めるが、TSUBASAが強烈な右カーフキック。TSUBASAは酒井がバランスを崩すと飛びヒザ蹴りで飛び込んでくる思い切りの良さを見せた。


 3R、ワンツー連打で前に出るTSUBASAが酒井にロープを背負わせるが、酒井はボディを打たせながら左右フックを連続ヒット。前に出てフックを打つTSUBASAに酒井は飛び込んでのヒザ蹴り直撃。酒井がジャブで先手を取り、TSUBASAが一発打つとパンチをまとめる。間に出でガムシャラに攻めるTSUBASAはアグレッシブ度全開、酒井もパンチのコンビネーションで応戦する。


 判定は三者三様のドローで痛み分け。酒井はまたもドローとなってしまった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント