MMA
レポート

【PANCRASE】小川徹が上田将竜に判定勝ちで暫定王座防衛、端貴代がNORI降し戴冠! 菊入が村山破り暫定王者に。平がBanchoに逆転KO勝ち、KARENが右ヒジで切り裂きTKO勝ち、鹿志村がキムラ極める

2021/10/17 13:10

▼第1試合 フライ級 5分3R
×井島裕彰(GUTSMAN)12勝15敗3分
[判定0-3] ※27-30×3
○谷村泰嘉(パラエストラ八王子/移籍)3勝1敗

40歳・井島が18歳・谷村に胸を貸す! 井島は、2017年に早坂優瑠、八田亮、前山哲兵相手にいずれも判定で3連勝も、2018年から北方大地、曹竜也、アダム・アントリン、宮澤雄大と強豪相手に4連敗。フライ級で再起なるか。

 対する谷村は、2019年アマチュアパンクラス 全日本選手権フライ級準優勝。2020年のネオブラでは、楠美貴嗣をギロチンチョークで極め、朝日向大貴に判定勝ちも、2020年12月の前戦・決勝で山北渓人に判定負けで準優勝となっている。

 試合は、ともにオーソドックス構え。左右のローを井島の前足に当てる谷村。そこに前手の左フックを狙う井島。最終ラウンドに井島はシングルレッグテイクダウンも、下から三角絞め狙いの谷村は立ち上がり、下の井島に蹴り。さらにバックフィストも打ち込み、フルマークの判定勝ち。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事