MMA
レポート

【PANCRASE】小川徹が上田将竜に判定勝ちで暫定王座防衛、端貴代がNORI降し戴冠! 菊入が村山破り暫定王者に。平がBanchoに逆転KO勝ち、KARENが右ヒジで切り裂きTKO勝ち、鹿志村がキムラ極める

2021/10/17 13:10

▼第3試合 ストロー級 5分3R
○KAREN(PRAVAJRA)#1位/4勝
[1R 1分39秒 TKO] ※右ヒジでカット、ドクターストップ
×新谷琴美(TEAM AGENT)1勝1敗

※初参戦:しんたに ことみ (チーム エージェント) 1994年8月26日 151cm 岡山県出身

 華蓮DATE改めKARENは、“可憐”とは裏腹なアグレッシブなスタイル。2019年12月にDIANAに判定勝ちすると、2020年10月に青木文菜に1R リアネイキドチョークで一本勝ち。さらに、2021年6月大会では、ベテランのEDGEを無慈悲なヒジとパウンドでTKO。デビュー以来3連勝をマークしている。

 対する新谷はPANCRASE初参戦。7月25日のWARDOG31でプロデビューし、ERIKAを相手に3R、マウントパンチでTKO勝ちした期待の新人だ。KARENが女子高生最後の10月を華麗に飾るか? それとも新谷が勝利の琴音を奏でるか?

 1R、サウスポー構えのKARENにオーソドックス構えの新谷は組んで両脇を差して押し込むが、差し返したKARENは四つから右でヒジ! さらに右ヒジで新谷を出血させ、ドクターストップ。1分39秒、KARENAがTKO勝ちを決めた。

 試合後、ケージの中でKARENは「しっかり4連勝でヒジで勝てて良かったです。組んだらヒジで血だらけにしてやろうと思っていました。ベルトを目指してもっと強くなりたいと思います」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事