AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【RIZIN】朝倉未来が矢地祐介に完勝、堀口戦に向け石渡と扇久保が勝利、サトシが廣田をTKO、川尻勝利、北岡敗れる=『RIZIN.17』全試合詳報

2019/07/28 14:07
【RIZIN】朝倉未来が矢地祐介に完勝、堀口戦に向け石渡と扇久保が勝利、サトシが廣田をTKO、川尻勝利、北岡敗れる=『RIZIN.17』全試合詳報

.

 

2019年7月28日(日)さいたまスーパーアリーナに16,930人(主催者発表・満員)の観衆を集め『RIZIN.17』が開催された。

メインの第12試合では70.0kg契約で矢地祐介と朝倉未来が対戦。朝倉が3R終了間際にダウンを奪い判定勝利し、年末のBellatorとの対抗戦で矢地に共闘を呼び掛けた。また、バンタム級相当の61.0kg契約試合では、RIZIN&Bellator2冠王の堀口恭司がリングサイドで見守るなか、石渡伸太郎が佐々木憂流迦にノースサウスチョークで一本勝ち、扇久保博正が元谷友貴に判定勝利し、石渡と扇久保が互いに対戦を承諾した。

第5~7試合では同じくライト級相当で、元UFCのジョニー・ケースが北岡悟にTKO勝ち、川尻達也がアリ・アブドゥルカリコフに判定勝ち、さらにホベルト・サトシ・ソウザが廣田瑞人にTKO勝ちし、10月12日に大阪で開幕する「RIZIN.19」ライト級GPに向け存在をアピール。榊原信行CEOは大会後総括でライト級GP出場選手について「ケースとホベルト・サトシ・ソウザは当確でいいんじゃないですかね」と語った。

▼第12試合 70.0kg契約 RIZIN MMAルール 5分3R ※ヒジあり
×矢地祐介(69.90kg/KRAZY BEE)
[判定0-3]

○朝倉未来(69.85kg/トライフォース赤坂)

メインとなる第12試合では、70kg契約で朝倉未来(トライフォース赤坂)と矢地祐介(KRAZY BEE)が対戦する。

互いに右利きサウスポー。その精度とスピードは蹴りも含め朝倉に分があり、力強さでは前手の右フックも含め矢地が上回る。下がりながらダロン・クルックシャンクをマットに沈めたパンチも利き手の右だった。

互いに組み技を強化し、矢地は首相撲からのヒザ蹴り、さらに相手の蹴り足を取っての小外刈を合わせたテイクダウンも得意とするが、朝倉は「テイクダウンデフェンスに少し重きを置いているので蹴りは試合でもあまり使わないかもしれない」と研究済みだ。

グラウンドでは、2007年のアマチュア修斗からキャリアを積む矢地に一日の長があり、下になってもオーバーフックからの三角絞めで五味隆典を極める「寝技らしい寝技」も見せるが、トライフォース赤坂所属で和術慧舟會HEARTSや高阪剛率いるALLIANCEに出稽古もしている朝倉はレスリングを強化し、グラウンドでも立ち上がる術がある。

注視すべきはこの試合が70kg契約で行われること。本来バンタムからフェザー級(65kg)の朝倉が、増量して臨む矢地戦でいかにライト級にフィットできるか。矢地はスピードを損なわず、当日どこまで戻してパワフルに戦うか。矢地にとっては10月12日に大阪府立体育館大会で開幕するRIZINライト級GPに向け、2連敗のいまこれ以上負けられない一戦であり、「常に自由でいたい」という朝倉にとっては、主催者が望む試合に勝利し、発言権を得るためにも6連勝を飾りたいところだろう。

対戦相手の矢地について朝倉未来は、「余裕がないスかね。打撃で待てないのと、フェイントに対しても大きなリアクションしか返せない」とスタンドでの優位性を語ると、矢地の「空気を読まない」発言に対しても、「その『勝ちに徹する』試合が、寝技に持っていってやるみたいな感じかもしれないけど、俺から簡単にそうテイクダウン取れないから。向こうがどうしようが、どっちにしろ面白い試合になる」と一蹴。矢地の隠れた武器とするグラウンドについても「テイクダウンデフェンスに少し重きを置いている」と対応済みであることを語った。

「自分の強さの再確認になると思う」──気負いなく語る未来は70kgでも、背水の陣の矢地をのみこむか。

対する矢地は「うちのジムに中指立てたわけじゃないですか。『KRAZY BEE、勝ってないから』とかの発言(「RIZIN CONFESSIONS」にて)。あれは絶対許せないし、なんだアイツ? とジムの関係者もみんな思っている。その思いを晴らすのは俺しかいない。みんなの思いを拳に乗せて叩き潰したいって、毎日思っている」と憤る。

朝倉戦に向け、「今まで全くしてこなかった」出稽古も敢行。帝拳ボクシングジム、ロータス世田谷ではかつてRIZINで対戦した北岡悟、さらに青木真也ら「スペシャリストのいるところへ行って、一から足りない部分を教えてもらった」という。また、KRAZY BEEに出稽古に来る田中路教、ISAO、リオン武らトップファイターとも練習を行うことで自身の強みの再確認ができている。

「70kgの階級で世界の強いヤツとやってもそうそう組み負けたことないし、力が強いと思ったことはない。(朝倉は)70kgでやらなければよかったとみんなも本人も思うでしょうね」と、自分の階級で戦うことに絶対の自信を見せている。

70kg契約、5分3Rで対戦する矢地と朝倉、“令和の大喧嘩”で最後にマットに立っているのはどちらか?

1R、ともにサウスポー構え。左ローから入る矢地。朝倉の左ミドルに矢地は尻餅をつくが朝倉は深追いせず。立つ矢地はさらに左ロー。カーフキック狙いか。2発目はかわす朝倉。3発目を打つ矢地。距離を取る朝倉。矢地は左ロー。朝倉は右ボディフック!

しかし矢地も左ローをカーフキックで当てる。そこに朝倉は左ストレートを合わせにいく。圧力をかけていく矢地は右ハイで牽制。オーソ構えからスイッチして左ハイは朝倉。矢地の入りには左フックをボディに当てる。さらに右の二段蹴りは朝倉!

朝倉の前足に左ローは矢地。圧力かける朝倉は右フックで飛び込むと大きな左アッパーは空振りも残像を残す。さらに左ハイ。回ってかわす矢地の跳びヒザの打ち終わりに左右をまとめ、さらに左ローを当てる。

2R、グローブタッチする両者。前足を上げてからダブルレッグは矢地。しかし切って回る朝倉は笑顔。左ローを狙う矢地。さらに左ハイは朝倉がブロック。朝倉の左のカーフキックに矢地の右足が赤く腫れる! そしてボディブロー! さらに左ローに矢地の右足が流れる! 矢地は左右を振ってダブルレッグへ。テイクダウンもすぐに立つ朝倉。矢地は今度はボディロックでコーナーに押し込む。倒されない朝倉。背後からフックを狙う矢地。スタンドでサイドにつく矢地に正対した朝倉は突き放す。

圧力をかける朝倉は左ロー。朝倉の左から右の二段蹴りを掴んでシングルレッグは矢地。朝倉はトップロープを掴んでテイクダウンを防いで左右で追いかけると矢地はレフェリーに注意をうながす。ゴング。朝倉に「注意」が与えられる。

3R、左ローを当て遠間から右で飛び込む朝倉。さらに右ハイキック。下がる矢地は圧力をかけなおす。朝倉のカウンターを警戒する矢地。さらに右左にダブルレッグは矢地も朝倉は脇を差し上げ投げ返す。矢地のダブルレッグを切る朝倉が圧力をかけ右アッパー狙い。外した矢地に右ジャブ!アゴが上がる矢地。

朝倉は右の蹴りを打つと蹴り足をつかみにいく矢地。足を抜く朝倉。矢地のダブルレッグからの得意の小外刈りを切り返して上を取るのは朝倉! インサイドからパウンドを入れてから立ち上がる。左を振る朝倉。さらに矢地の右をかわすと脇を潜り振り回すパワフルな面も見せる。矢地は左ハイもかわす朝倉はワンツーからさらに左ロー!

左右を振り矢地を誘う朝倉。矢地も大きなワンツーから右を振ると朝倉は両手を広げて来いとアピール。矢地もカモンとポーズすると、大きなワンツー。矢地の右を浴びながらもスウェイで逃がした朝倉は、カウンターの左ストレート! 矢地がダウン! 残り時間を知ってか、そのまま追い打ちはせずに、朝倉は後ろを向いて手を挙げて勝利を確信したところでゴング。

判定は3-0で朝倉が勝利。リング上でマイクを渡された朝倉は、「まあ、なんかいろいろありましたけど、矢地くんと俺とリスク持ってやったからここまで盛り上がったと思います。煽り(映像)ではKRAZY BEEのことを馬鹿にするような感じになっちゃいましたけど、全然、リスペクトしてるんで、また出稽古で教えてください」と因縁の煽り映像からの和解を語ると、リング上での矢地との会話については「喋るより拳を交えたら伝わる」とし、「年末、Bellatorと対抗戦やるんだっけ? 一緒に戦って日本の格闘技を盛り上げましょう」と矢地に共闘を呼び掛けた。

また、70kgでの試合については、「タックル来られたときに重いなって思いました。でも1回もテイクダウンされなかったし、俺の腰の強さ分かりました?」と感触を語ると、今後については「そうですね。ちょっと考えときます」と答え、会場のファンに「格闘技盛り上がっているのもみんなのおかげです。ぜひ、会場に来てください。あと……YouTube登録してください」とアピールした。

さらに、試合後の会見では「ライト級GPにはぶっちゃけそこまで興味はないですね。フェザー級ならUFCでも通用すると思うけど、ライト級だとトップどころに勝てるとは思わない。そういう気持ちを持って(ライト級GPに)出たくない。フェザー級GPなら……」とあらためてライト級GP出場は拒否。しかし、榊原CEOは「フェザー級GPはない。ライト級GPに出てもらいたい。朝倉未来をくどきたい」と話しており、朝倉はどんな選択をするか。またあらためてBellatorとの対抗戦については「ファイトマネー次第です」と語った。

▼第11試合 61.0kg契約 RIZIN MMAルール 5分3R ※ヒジあり
○石渡伸太郎(61.00kg/CAVE)
[2R 3分58秒 ノースサウスチョーク]

×佐々木憂流迦(61.00kg/Serra Longo Fight Team)


5年半前に一度、接点があった石渡と佐々木。2014年2月に石渡がパンクラスバンタム級王座2度目の防衛成功した直後リングに上がった佐々木が「俺の喧嘩を買ってください」と対戦を申し入れ、当時は受け流した石渡だったが、時を経てRIZINの舞台で対戦が実現することになった。

石渡は2011年にPANCRASEバンタム級王者となり、8年間防衛。その間、DEEPバンタム級王者・大塚隆史、ビクター・ヘンリーらも下している。


堀口恭司とは、2013年6月の「VTJ 2nd」と2017年大晦日の「RIZIN」で2度対戦し、いずれも敗北。今回、1年8カ月ぶりの復帰戦を決め、日本バンタム級トップ勢と鎬を削り、堀口との3度目対戦を目指す。

公開練習では佐々木について「以前は一芸だけという感じに見えたけど、今は打撃もトータルでやる選手になったのかなと」印象を語り、「1ミリもナメてないけど、全部勝っているかなと思っています」と自信を語った。勝てば堀口との3度目対戦に近づくが、1年7カ月ぶりの試合に向け、「28日以降の人生は考えていない」と語っている。


対する佐々木は、元修斗環太平洋バンタム級王者。UFCではパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを2度獲得するなど活躍し、2018年大晦日にRIIZNデビュー。“門番”マネル・ケイプに判定勝ちを収めている。

2019年4月の「RIZIN.15」では朝倉海と対戦予定だったが、内臓疾患により急遽欠場。石渡との試合が約8カ月ぶりの復帰戦となる。59kg契約で戦った前戦と異なり、今回はバンタム級相当の61kg契約。セコンドにはUFC世界バンタム級2位のアルジャメイン・スターリングが就く。


佐々木が先に入場。続けて赤コーナーの石渡が入場。TEAM OTOKOGIの植松直哉らがつく。リングサイドには堀口恭司。

1R、いきなり跳びヒザで石渡に飛び込む佐々木、ともにサウスポー構えから右ボディは石渡。長い右から左を打つ佐々木。かわす石渡は左のフェイントから組み。ヒザを連打で突く佐々木。押し込む石渡に右は差す佐々木。ブレーク。


左から右で飛び込む石渡、そこに前蹴りで牽制する佐々木。左ローは佐々木。石渡は左フックをヒット! そのまま左で差して回して倒すのは石渡! コーナーの「ハーフでいい」の声にハーフから細かいパウンドは石渡。下から蹴り上げは佐々木! それを嫌ったか距離を取り、立ち際を右ハイは石渡。かわした佐々木はシングルレッグでその蹴り足の足首をつかみテイクダウン! ハーフから佐々木はヒジを狙うが、石渡はオーバーフックで打つ距離を取らせない。


2R、佐々木は左ボディロックからテイクダウンも足がロープ外に出てしまう。左を振り、シングルレッグは佐々木! そこからボディロックに移行し、腰を殺そうとする佐々木だが、右で差して立つ石渡が体を入れ替える。ヒザを突く石渡。頭を下げると佐々木はギロチンチョークを狙うが、外した石渡に佐々木はバック狙い! ここを正対した石渡は小外がけで前方に倒してテイクダウン! ここは佐々木も立ち、右ジャブを突く。


スタンド。石渡の左ローに左ストレートは佐々木! 頭を上げさせられる石渡。詰める石渡は左のフェイントから右フックでダウンを奪うとその倒れ際に右ヒザをヒット! 頭からマットに崩れる佐々木。そこに石渡は頭部に左ヒザ4連打! 決めどころにまとめられるのが石渡の強さ。佐々木は四つん這いで頭から崩れると、さらにフロントからチョーク狙いに仰向けに正対する佐々木に石渡は上からノースサウスチョーク! 佐々木がタップした。


石渡はリング上でマイクを持つと「RIZINファンのみなさん、ただいま! バッチリ1年7カ月ぶりが出て、大振りでした。僕が休んでいる間に、不名誉な名前がつけられて──『四天王』、トップにいる人(堀口)には笑われているだろうから。(堀口にカメラがパンし、笑顔を見せる)『何が四天王だ?』と、以上です」と、自身がほかの選手と横並びではないことを示すと、さらに扇久保からこの試合の勝者への対戦要求に「ひとつだけ。僕と扇久保選手、見分けつきますか?」と観客を和ませると、続けて「2人がやって手を挙げられている方が僕です」と、勝利を予告した。


そして最後に「入場式から声援をもらえて今日、幸せです。これからも応援してください。ありがとうございました」と挨拶し、セミファイナルを締めた。

▼第10試合 61.0kg契約 RIZIN MMAルール 5分3R ※ヒジあり
×元谷友貴(60.75kg/フリー)
[判定1-2]

○扇久保博正(60.80kg/パラエストラ松戸)


修斗世界フライ級王者・扇久保博正(パラエストラ松戸)と元DEEPフライ&バンタム級王者・元谷友貴(フリー)が対戦。

この試合は元々、2014年10月に行われた『VTJフライ級トーナメント』で優勝した扇久保が、元谷にフライ級日本一を決めようと対戦を呼び掛けたことが発端。さらに今年5月6日、修斗世界フライ級王座2度目の防衛に成功した扇久保が「RIZINでやり残したことがあるので、出来れば元谷選手とやらせてください」と再度アピール。5年越しで実現することになった。


元谷は「1R目からアグレッシブに倒す試合をしたいです。あっちがしたい攻防は多分グラップリングで、自分はどちらでいってもいいんですが、立っての打撃でもグラウンドになったらパウンドでも倒すスタイルで行きます。できるだけ上をとって殴りたいです」と、扇久保の寝技に対して徹底した打撃で倒しに行くと宣言。

扇久保については「タックルから寝かしつけるのがしつこい」とテイクダウンを警戒。柔術技術でも定評のある元谷だが、「柔術的な下からのサブミッションにはかからないと思っています」と語っている。


対する扇久保は公開練習で元谷について「最近の試合を見ると下(のポジション)からの極めとかは強いので、流れの中でスポッと入ってしまうと抜けられなかったりするので、そこは警戒して戦おうと思っています」と寝技を警戒しながらも、「(勝利のイメージは)浮かんでいます。どうなっても僕が勝つと思います。打撃でもレスリングの勝負でも寝技でも、譲る気はないですね。僕が勝つと思います」と自信も見せている。

さらに「互いに落ち込んでいた日本格闘技界の時でも続けてきた、そういう意識はありますね」と、RIZIN誕生以前の日本格闘技を戦い抜いてきた自負を語っている。


1R、サウスポー構えの元谷とオーソドックス構えから入る扇久保は、左ハイで元谷の上体を上げさせてからダブルレッグテイクダウンへ! 首を抱え、ギロチンを狙う元谷。しかし元谷の足を上げ首を抜く扇久保は、ハーフからパウンド。さらにサイドを奪い元谷に背中を着かせる。

ヒジを落とす扇久保。亀から腰を切り足を戻す元谷。しかしついていく扇久保。亀からヒザを立て立つ元谷を再びバックからリフトしテイクダウンは扇久保! バック奪うとすぐさまリアネイキドチョークへ。元谷もすぐに腰をずらし解除。その立ち上がり際に再びダブルレッグは扇久保! しかし、下の元谷はバックに回り、足を巻く! 背後からヒジを突く元谷。しかし、扇久保も横に落とし上に、元谷の立ち上がり際にサツカーキックを狙う。


2R、左右で前に出る元谷。そこにカウンターのダブルレッグテイクダウンは扇久保。一瞬頭を抱えるも外して尻で立とうとする元谷。それを肩で制して寝かせようとする扇久保。しかし腰を切る元谷は立つことに成功する。


元谷は前蹴りを顔面へ! さらに左ストレートで前に出る元谷。そこにダブルレッグテイクダウンは扇久保。腰を殺し動きを止めると元谷は背中を見せながら立つがそこに扇久保はみたびダブルレッグテイクダウン! しかしすぐに立つようになった元谷は左の蹴り! さらに左右を振るが、扇久保も左ハイを打ちながらダブルレッグへ。ここも時間をかけずに立つ元谷は左ヒザ! 扇久保も右アッパーから左フックで元谷のアゴを上げさせる。扇久保のダブルレッグを差し上げる元谷。ノンストップのタフな展開に。


3R、二段蹴りを狙う元谷。かわす扇久保。元谷は前蹴りから左ヒザを突く。右で差して押し込む扇久保がボディロックから投げも元谷は首投げで切り返す。両者立つと打ち合いに。元谷の左右に扇久保も退かず。しかし元谷の左がヒット! 連打で攻める元谷に扇久保がダブルレッグテイクダウン! 立とうとする元谷を寝かしつける扇久保。背中つけずスイッチ狙いの元谷は足を抜いて立つと左右! 左前蹴りは元谷。さらに左フック、そして左右も浴びる扇久保。ここでダブルレッグでテイクダウン奪う扇久保! 死力を尽くす両者。下からアームロックを狙う元谷に腕を外し、枕で頭を巻き、肩固めに入る扇久保。ゴング。


3Rの死闘、トータルのRIZINジャッジは、判定2-1で扇久保を支持。勝者は頭を抱えてひざまずいて勝利を喜んだ。


リング上でマイクを握った扇久保は「皆さんありがとうございました。元谷選手ありがとうございました。榊原さん、次、石渡選手と憂流迦選手の勝った方とやらせてください。みなさん楽しかったですか? これからも日本のRIZINを盛り上げていきますので、堀口、天心だけじゃなく僕らにも注目してください」とファンに存在をアピールした。

●堀口恭司がリングで凱旋挨拶


「皆さんの応援のおかげでベラトールのベルトを持って帰ってこれました。応援ありがとうございました。8月18日に試合が決まっていますので、しっかりKOか一本で倒したいと思っているので応援よろしくお願いします。以上です」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事