AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【ONE】若松佑弥、仙三、平田樹、V.V Meiら参戦意気込み。ロッタンが再び両国に登場! UFC3勝1敗からONE参戦の元五輪代表、日系ハーフのリカ、ジャネット。ヨアナに勝利したモデル兼ムエタイファイターのエカテリーナも参戦=10月13日(日)「ONE:Century 世紀」

2019/08/27 00:08
【ONE】若松佑弥、仙三、平田樹、V.V Meiら参戦意気込み。ロッタンが再び両国に登場! UFC3勝1敗からONE参戦の元五輪代表、日系ハーフのリカ、ジャネット。ヨアナに勝利したモデル兼ムエタイファイターのエカテリーナも参戦=10月13日(日)「ONE:Century 世紀」

(C)ONE Championship

10月13日(日)、東京・両国国技館で昼夜2大会に分けて行われるONE Championship「ONE:Century 世紀」の1部(10時開始予定)および2部(17時開始予定)のカードが発表された。

既報通り、日本人選手の追加カードとして、一部で岡見勇信vsアギラン・タニ、二部で青木真也vsホノリオ・バナリオが決定。そのほか、第1部で若松佑弥、仙三、平田樹が出場。第2部でV.V Meiの出場も発表された。

第1部の第7試合に出場する若松佑弥は韓国のキム・デファンと対戦。2019年3月の両国大会ではデメトリアス・ジョンソンに2Rギロチンチョークで敗れた若松だが、8月2日のマニラ大会でジェヘ・ユスタキオに1R、右ストレートでKO勝利、再起を果たしている。

対戦相手のデファンは8月16日のONEタイ大会でユーサップ・サーデュラエフに判定負けも、当初サーデュラエフと対戦予定だった上久保周哉が現地入り後、目に菌が入り欠場、緊急の代打出場だった。2月大会でデフォンはその上久保と対戦しており、上久保に判定負けを喫している。2014年にはケビン・ベリンゴンにRNCで一本勝ちするなど、立って良し・寝て良しのウェルラウンダーであるデフォンは、連敗は避けたいところ。今回はバンタム級(※65.8kg)からフライ級(※61.2kg)に落としての初戦となる。

フライ級のトップを目指す若松は、日本大会でのデファン戦に向け、「やってやるぜーーー!! おれが主役だ!!!」とSNSで記している

第1部の第3試合に出場の仙三は、第5代PANCRASEフライ級王者。2019年3月のONE第1回日本大会でフライ級GP一回戦に緊急出場し、ダニー・キンガッドとタフファイトを繰り広げるも判定負け。所属をFREEDOM@OZからパラエストラ千葉ネットワークに移し、怪我の治療を経て、約7カ月ぶりの復帰戦に臨む。

仙三と対戦するのはURCCで活躍しONE WARRIOR SERIESで3連勝をマーク、本戦出場を決めたリト・アディワン。フィリピンの名門チーム・ラカイ所属で、WARRIOR SERIESでは2度の1R TKO勝ちをマークしている。前戦では、「VTJ 8th」「Bellator 172」にも出場経験のあるアンソニー・ドゥを相手に右フックでダウンを奪う場面も作り判定勝ち。本戦初出場ながら、5連勝中の思い切りのいい強打には仙三も注意が必要だ。

アディワン戦に向け、仙三はSNSで、「相手はこれから必ずONEのトップにくるであろう才能のあるストライカーです。ただ俺もONEのチャンピオンになるつもりでPANCRASEからきました。もう負けられません。応援してくれるみんなの前で負けるのは死ぬほど怖いです。他は何も怖くない。自分の命すべてかけて戦う」と意気込みを記している。

第1部の第4試合に出場の平田樹は、6月の鮮烈一本勝ちから4カ月空けてのONE2戦目。前戦では当時プロMMA1勝1敗のアンジェリー・サバナルに1R 2分59秒、アメリカーナを極めているが、今回の相手イシゲ・リカは4勝3敗とプロMMAのキャリアでは平田を上回る。

日本人の父とタイ人の母を持つ日系タイ人のイシゲ・リカ(石毛里佳)は、柔道家であった亡き父からの影響で格闘技に関心を持ち、9歳から合気道とテコンドーを習い始めた。幼年期にはハーフのためにイジメにあったことを告白しており、格闘技は護身と強い心を持つためでもあったという。ブラジリアン柔術青帯で、シャノン・ウィラチャイ(MMA9勝5敗1NC)と出会いMMAを始めている。

ONEで白星と黒星を交互に繰り返しているイシゲは、平田が勝利しているサバナルに2018年3月に判定負けしており、上位戦線にからみたい平田にとっては必勝体制で臨みたい。日本をルーツに持ち、ONEレギュラー選手でアイドル的存在のイシゲとのマッチアップは、ONEの平田への期待の表れともいえる。8月24日に20歳の誕生日を迎えた平田はSNSで、「さぁ! やるしかねぇよ!!」と気合の投稿をアップしている。

タイガームエタイ所属のイシゲだが組んでの寝技を好むため、組み力の強い平田にとっては打撃でしっかり圧力をかけ、組んでくるイシゲを上回りたい。2度の一本勝ちをマークしているイシゲのバックテイクからのリアネイキドチョークには注意が必要だ。

ともにSNSやYouTubeを使い、日常生活や練習風景をアップするなど自身のプロモーションを積極的に行っており、いまどきの女子ファイター同士の対戦ともいえる。

クシュティ王者でUFC3勝1敗の元五輪代表がONEデビュー

第2部の第5試合に出場のV.V Meiは、MMA20勝11敗1分のベテラン。現在3連勝中で、2018年5月のアンジェラ・リー戦後は負けなしの状態だ。今回の対戦相手のジェニー・ファン(台湾)とは2017年6月に対戦しており、Vがリアネイキドチョークで一本勝ちしている。

ともにアンジェラ・リーと対戦しており、V.V Meiは2戦ともに接戦の末の判定負け。ファンは2015年5月のプロデビューから5連勝も、その後はリー、V、ジナ・イニオン、ジヒン・ラズワンを相手に4連敗中。女子アトム級戦線では、女王リーが朝大会でシャオ・ジンナンを挑戦者に迎え、虎の子のアトム級ベルトの防衛戦に臨むため、同日の夜大会でVは、しっかり王座挑戦をアピールしたいところだ。

アンジェラ・リー、シャオ・ジンナン、イステラ・ヌネス、さらに中国のリン・ホーチン、マレーシアのジヒン・ラズワンあたりの台頭も見逃せないアトム級戦線で抜け出すのは誰か。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事