AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【ONE】ペトロシアンが因縁のペットモラコットに勝って決着、アンジェラ連敗、秋元が再起の勝利! 江藤がTKO負け、阿部、藤沢は一本負け、森本判定負け

2019/07/12 19:07
【ONE】ペトロシアンが因縁のペットモラコットに勝って決着、アンジェラ連敗、秋元が再起の勝利! 江藤がTKO負け、阿部、藤沢は一本負け、森本判定負け

(C)ONE Championship

7月12日、マレーシア・クアラルンプールのアクシアタ・アリーナにて、「ONE: MASTERS OF DESTINY」が開催された。

メインでは、ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)とペットモラコット・ペッティンディーアカデミー(タイ)が対戦。ヒザを突くペットモラコットに対し、左のパンチを当てたペトロシアンが判定で勝利。因縁の再戦に決着をつけ、ジョー・ナタウット(タイ)が待つ準決勝へと駒を進めた。

セミでは、3月31日の両国国技館大会でONE世界女子ミニマム級王者ション・ジンナン(中国)に敗れたアンジェラ・リー(米国)が再起戦。56.7kg契約でミシェル・ニコリニ(ブラジル)と対戦した。柔術強豪のニコリニも2018年11月にティファニー・テオ(シンガポール)に判定負けしており、ともに復活勝利を目指したEVOLVEジムの元同門対決は、ニコリニがグラウンドを制し判定3-0で勝利。アンジェラはキャリア初の黒星に続く連敗となった。

また、日本の5選手が参戦し、秋元皓貴が唯一判定勝利を収めたほかは、阿部大治、藤沢彰博が一本負け。江藤公洋がTKO負け。初出場の森本“狂犬”義久はオープンフィンガーグローブへの対応を見せたものの、サウスポーにスイッチしたジョシュ・トナーの前に3R判定で敗れており、日本人4選手が敗れる厳しい結果となった。

▼ONE SUPER SERIES キックボクシング・フェザー級ワールドGP準々決勝 3分3R
×ペットモラコット・ペッティンディー・アカデミー(タイ)
[判定0-3]
〇ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)
※ペトロシアンが準決勝へ進出。

 両者は5月17日のシンガポール大会で「ONEフェザー級(70.3kg)キックボクシング・ワールドGP準々決勝」として対戦。


 1Rにパンチで圧倒されたムエタイの古豪ペットモラコットが、2Rから首相撲&ヒザ蹴りを多用。これでペトロシアンのペースが乱れ、前へ出て組み付いてヒザを蹴るペットモラコットにペトロシアンは消耗し、判定2-1でペットモラコットが優勝候補本命のペトロシアンを破る大波乱を起こしていた。

 しかし、試合後、ONEの競技委員会は「反則のクリンチが適切に裁かれていなかった」として試合のノーコンテストを発表。今回改めて準決勝進出を懸けて両者の再戦が行われた。


 1R、サウスポー同士の両者。ペトロシアンはいきなり鋭い左アッパーを放つ。ペットモラコットの左ミドルにペトロシアンは左ローを返す。ペトロシアンの左フックをかわしてワンツーを入れるペットモラコット。ペトロシアンがミドルをキャッチしてパンチを放っていくと、「つかんで攻撃した」とペットモラコットは猛抗議。再開後、ペトロシアンは左ローを徹底して蹴っていく。お互いにパンチやハイキックを寸前のところでかわす。


 2R、ペットモラコットが前へ出て左ミドル、ワンツー、そしてヒザ蹴り。ペトロシアンはパンチを返していくが、ペットモラコットはどんどん前へ詰めてテンカオを突き刺す。ペトロシアンの左ストレートがヒット。それでも前に出てヒザを蹴りまくるペットモラコット。ペトロシアンは掴まれる前にアッパーを入れる。前へ出てヒザを蹴りまくったペットモラコットだが、終盤はやや疲れたか、ロープに持たれて左ミドルを蹴る。


 3Rもペトロシアンのフックをかわしてヒザを蹴るペットモラコット。左ミドルも蹴る。ここでペトロシアンはペットモラコットがヒザを蹴ってくるタイミングに合わせて左フックを打つ。疲れが見えるペットモラコットにパンチと左ローを当てに行くペトロシアン。残り時間が少なくなるとペットモラコットは両手を広げてリングを回り込み流した。


 判定は3-0でペトロシアンが勝利。仕切り直しの一戦で決着をつけ、生き残った優勝候補本命はジョー・ナタウット(タイ)が待つ準決勝へと駒を進めた。ペトロシアンは「非常に長い道のりになったが、この試合に集中していた。私はトーナメントが終わるまで次の試合のことだけを考える」と表情を変えずクールに勝利者インタビューに答えたが、それが終わるとセコンド陣と抱き合って大喜びした。

▼女子ストロー級(※56.7kg)5分3R
×アンジェラ・リー(米国)
[判定0-3]
○ミシェル・ニコリニ(ブラジル)

3月31日の両国国技館大会でONE世界女子ミニマム級王者ション・ジンナン(中国)に敗れたアンジェラ・リー(米国)が再起戦。56.7kg契約でミシェル・ニコリニ(ブラジル)と対戦する。

柔術強豪のニコリニは元EVOLVE所属。MMA初心者だった頃のアンジェラとの打撃スパーで、アンジェラとは因縁があるという。ニコリニは2018年11月にティファニー・テオ(シンガポール)に判定負けしており、ともに復活勝利を目指す。

1R、ともにオーソドックス構え。いきなりニコリニはシングルレッグからドライブしてボディロックからテイクダウン。ハーフからブリッジで返そうとするアンジェラにマウントを奪うが、アンジェラは高いブリッジでリバーサル!

ニコリニは下から腕十字、三角絞め狙い。頭を獲らせないアンジェラ。下から煽るニコリニに、アンジェラは首を巻いてバランスを保つ。クローズドから作るニコリニはバック狙い、腕十字狙い。正対で保つアンジェラは右で脇差し、ニコリニも仕掛けることでパウンドを打たせず。

2R、頭を下げるニコリニに右を当てるアンジェラ。動きが止まるニコリニは引き込み! 下から足関節でバック狙い、さらにスイープしたニコリニが上に! ハーフで左で脇差しパスガードを狙うニコリニ。すぐに鉄槌! 打撃を嫌うアンジェラのブリッジにマウントを合わせるニコリニ。アンジェラはシザーズを狙うが、返させないニコリニ。しかし、アンジェラは再びブリッジでリバーサル! 頭をつけて外側からパウンドを狙うアンジェラの頭を押さえニコリニもダメージを負わない。

3R、右ローから入るアンジェラ。ダブルレッグを切られたニコリニは、シングルレッグもヒジをもらう。ニコリニは引き込みディープハーフからスイープ! アンジェラの腕十字狙いをすぐに抜き足を担ぎパス! しかし、またも左で差してブリッジでスイープするアンジェラが上に。下からオーバーフックするニコリニ。足を解きシングルレッグから立とうとするアンジェラに、がぶりからバックを奪うアンジェラはチョーク狙い。

亀のまま凌ぐニコリニ。ゴングに最後はアンジェラから握手を求め、少し間を置いてからニコリニは手を伸ばして応じた。判定は3-0でポジションを奪ったニコリニがマウントからの攻撃を評価されたか、ユナニマスで勝利した。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事