キックボクシング
レポート

【THE MATCH】“世紀の決戦”は那須川天心が武尊からダウンを奪って判定勝ち。 海人が野杁を降し「世界へ行きます」、原口が山崎を猛ラッシュKO! 安保が勝利、YA-MANが芦澤を109秒KO! RISEvs.K-1対抗戦はRISEの5勝4敗

2022/06/19 09:06

▼第8試合 71kg契約 3分3R延長1R
דブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者/RISE)
[判定0-3] ※24-30×3

〇和島大海(月心会チーム侍/K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者/K-1)


 ベイノアは極真会館の2018年全日本ウェイト制空手道選手権大会・軽量級で優勝した実績を持ち、キックボクシングには2016年5月から出場。デビューから7戦全勝でJ-NETWORKウェルター級王座を獲得後はRISEに主戦場を移し、2018年11月にRISEウェルター級王座を獲得した。2020年7月からはミドル級に階級を上げ、緑川創に挑むも判定負け。その後は10月の宮城寛克戦、2021年2月の憂也戦、9月のねぎ魔神戦と3連勝。さらに、2021年6月のRIZINではMMAに初挑戦、弥益ドミネーター聡志に敗れたが、11月のロクク・ダリ戦ではKO勝ちで初勝利をあげた。大晦日には武田光司に腕十字で敗れている。今年4月のRISEでは海人に初回KO負けした。キックボクシング戦績は17勝(9KO)4敗。

 和島は第1回K-1アマチュア全日本大会優勝など、アマチュア大会で数々の実績を残して2016年7月にKrush初参戦。サウスポーから繰り出す破壊力十分のパンチと蹴りで2020年3月の第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントではアワターン、城戸康裕を破って決勝へ進出するも、木村“フィリップ”ミノルに敗れて準優勝。9月のK-1ではラーシーシンをローキックでKO撃破、12月は藤岡裕平を左ハイキックで初回KO、そして2021年7月には木村からダウンを奪って苦しめたアビラル・ヒマラヤン・チーターを3Rにローキックで仕留めて3連続KO勝ちを飾ると、12月に木村に挑戦して左ミドルでKO勝ち、K-1王座に就いた。戦績は16勝(14KO)4敗。

 質実剛健な和島の入場に続き、ベイノアは極真空手の道衣をまとい登場。キッズたちの演武を片ヒザ着きで神妙に見据えてから、RISEの音楽への変調に、一転キッズとともにダンスで花道を入場。

 1R、サウスポー構えの和島、オーソドックス構えのベイノア。先に詰める和島が左ミドルから。コーナーを出るベイノアは左ローを返すが、和島は左インローから踏み込んでの左ハイも。ブロッキングするベイノアだがロープ背に。そこに高いヒザ蹴りも和島が突く。


 ワンツーの左ストレートはかわしたベイノア。和島は右ショートアッパー! さらにワンツーの左ストレートがベイノアはかわす。下がらされるベイノアは右ハイも、その打ち終わりで背中を向けて振り返ったところに和島は左ストレートからの左フック! ダウンしたベイノアだがゴングに救われる。


 2R、和島の左ストレートで下がるベイノア。ベイノアも左フックを当てると中央に押し戻す。さらに右ストレートとタイミングが合ってくる。右バックフィストも見せるベイノア。

 和島は出入りを見せて左ヒザ! そこに左フックを狙うベイノア。ベイノアの右にカウンターの左ストレートは和島! さらにロープに詰めて左ストレート!「押し返せ」のコーナーの声にベイノアはロープに釘付けに、和島は左ヒザをボディに突き、スタンディングダウンを奪取! 再開、ベイノアは胴回し回転蹴りでゴング。

 3R、ワンツーの左ストレートを伸ばす和島。ベイノアも打ち返すが、そこに左ヒザは和島! 腹を効かされながらも右ストレートを振るベイノア。しかし和島は左ハイ、さらに左ヒザにベイノアが後退! それでも倒れないベイノアも声を上げながら前に。

 場内から拍手が送られるなか、ベイノアの左右にいったん和島も後退。しかし和島はタイミングよく左をカウンターで当てると、ベイノアのローに左の打ち下ろし! 両手は着いたベイノアだが背中はつけず。

 立ち上がると和島はフィニッシュを狙いに行くが、ベイノアも最後まで押し返し。ここは和島も退かずに左ストレート、ヒザ蹴り! ベイノアも声を出して打ち返しに行き、ゴング。

 判定は3-0(30-24×3)の大差で和島が勝利。ベイノアと熱いハグをかわした。


 試合後、和島は、「東京ドームの皆さん、ABEMAでの応援ありがとうございました。満員のなかで試合ができてほんとうに言葉に言い表せないです。言い表すとしたら押忍ですね(笑)。K-1のチャンピオンとして、70kgは僕が引っ張りますので、注目してください。あと、僕、instagramのフォロワー少ないので、フォローしてください」と笑顔を見せた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント