その他
レポート

【NARIAGARI】皇治プロデュースの第1回大会、寒天マンが完封勝利で100万円ゲット、平山迅が豪快KO、BreakingDownとしぞうがプロ矢島を破る、城戸康裕と高橋幸光はドロー、DEEPプロファイター加藤瑠偉がKO負けの波乱

2023/02/05 14:02

▼第11試合 キックボクシングルール 3分1R ウェルター級(70-74kg)
ד挑戦する経営者”笠原 翔
判定0-3
〇“淀川のビッグマウス”朝倉豊樹


 朝倉は元いじめられっ子で、プロ・アマのキックボクシングで多数の試合経験があるという。笠原は様々な会社を持つ経営者でアマチュアの試合経験あり。


 1R、笠原はサウスポー。ローの蹴り合いから身長でかなり優る朝倉が右ミドルと右ストレートで前へ出ていく。不気味な笑みを浮かべる朝倉は前蹴り、左ハイキック、ヒザ蹴りで前へ出る。頭を下げてフックを打つ笠原に朝倉は顔面へヒザを突き上げる。朝倉は笠原のミドルをキャッチして流しての右ストレートをクリーンヒットさせた。


 朝倉は「大きいこと言っとったわりに倒せんかってすいません。ほんまは倒して言いたいことあったんですけれど、今言ったら本当に口だけになってしまうので。皇治さん、次タフな奴でもどんなヤツでも当ててもらって倒したいと思います」と継続参戦を希望した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント