MMA
レポート

【RIZIN】那須川が皇治に完勝、バンタム級で朝倉海が昇侍をTKO、瀧澤は金太郎との大激闘を制す。ライト級で武田、久米が競り勝つ。大原が矢地を下す=9.27 RIZIN.24

2020/09/27 15:09

▼第1試合 71.0kg契約 5分3R
×矢地祐介(KRAZY BEE)
[判定1-2]

〇大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)


 矢地は、8月9日の「RIZIN.22」に続き連続参戦。横浜での前戦は“柔術界の至宝”ホベルト・サトシ・ソウザを相手に、特訓中のジークンドーのサイドキックの打ち終わりを狙われ、組み付かれてマウントからパウンドを受けて1R TKO負け。持ち味を発揮する前に勝負を決められて完敗している。

試合後、「最初の関節蹴りは少し高かった。パンチのレンジになったときにサイドキックは距離が合わなかった」と自身のYouTubeで石井東吾氏と敗因を分析していた矢地は、その場で連続参戦を希望。「やってきたこと全てを出して精一杯戦います!」とのコメントを発表している。


 対する大原は、DEEPを主戦場にこれまで40戦以上の戦歴を持つ。2019年年末には武田光司との2度目のタイトルマッチに挑むも、一本負けを喫した。しかし、2020年8月の「DEEP 95 IMPACT」では、ボンサイ柔術の鈴木啄仁に、下からの蹴り上げ=ペタラーダで1R TKO勝利を決め、連敗から脱出している。

 RIZIN初参戦となる大原は、「これまで50戦近くを戦ってきましたが、間違い無く格闘技人生で大きなターニングポイントとなるでしょう。自分はスタンドで殴り合う試合ばかりしてきたので、ストライカーの矢地選手が相手なら会場のお客さんが絶対に面白いと思える試合になる」と打撃戦を望んだ。


 矢地にとっては、採り入れて来た武術とMMAの融合をいかに果たすか。構えを変えたことで奥手は遠くなり、矢地本来の打撃の良さも損なわずにどう生かすか。そして並行して強化してきた組み技をストライカー相手に“混ぜる”ことができるか。真価が問われるところだ。

 対して、約10年のキャリアで47戦と脅威的なペースで試合を行い、着実にキャリアを積んできた“鉄人ファイター”である大原は、グラップラー相手の組みにも凌いで凌いで、逆転の打撃で白星を掴んだ試合も多く、際の打撃に定評がある。ヒジ無しルールであることは、大原にとって武器が一つ少なくなるが、矢地の打撃と組みを捌いて自身の距離で戦うことができれば、アップセットの可能性は高くなる。

 1R、サウスポー構えの矢地。オーソドックス構えの大原。左ミドル、右のサイドキックと先に打撃を打つ矢地。しかし大原も右ミドルをヒット。矢地は右から左のワンツー、さらに左ストレート! 大原は一瞬下がるが押し戻すと右ハイ! 矢地は一瞬バランスを崩す。

 大原の右ミドルを掴んでテイクダウンを狙う矢地だが、懐が深い大原は足を戻す。右のヒザ蹴りを突く大原だが、そこを矢地はテイクダウン! しかしすぐに立つ大原は詰めてロープで打ち合いに持ち込み、二段のヒザ蹴り! 

 ダウンした矢地にハーフからパウンドは大原! 矢地は大流血。フルガードに戻して腕十字を極めにいくが、大原はしっかり腕を抜くと、サッカーキック! 矢地は下から三角絞めを狙うが、大原は防御。矢地は下から蹴り上げで立ち上がり左右で反撃、ボディロックで押し込む。

 2R、眉間を大きく縦にカットした矢地にドクターチェック。止血後、再開。遠間から右ミドルは大原。さらに右ミドル! 矢地は右ジャブを突き、左ミドル。左ボディ、右フックも浅い。左ハイは大原がブロック。しかし矢地は左ミドルを当てる。

 大原は右で前に出ると右ミドル、右フック! 矢地も左ストレートを返す! 右ミドルを当てる大原。掴んだまま右を返す矢地は左ミドルも。もらっても下がらない大原が圧力。矢地は右フック! 左ボディを当て右も。しかし大原も右ミドル!! 大きな音を立てたミドルに矢地の左のガードが下がる。

 ロープに詰めて右を突く矢地だが、回る大原。矢地はワンツーの左! さらに大原の右ローに合わせて左、さらに左の縦拳でダウンを奪うがすぐに立つ大原は打ち合いに応じる! ロープを背に矢地は詰めてラッシュも大原もフックを振る。矢地がダウンを奪い返したラウンド。

 3R、グローブタッチ。右ミドルを当てる大原。右から左ストレートは矢地。しかし、大原も下がらず前へ。右ハイはかわす矢地。右ローは大原の右を受ける。左の三日月蹴りは矢地。さらにワンツーで入るが、詰める大原はヒザで前に。矢地は右ジャブ、大原は右ミドル! 矢地は左ボディをヒット。しかしすぐに大原も右ミドル! 大原は詰めて右の跳びヒザ! しかしバランスを崩し下に。コーナーを使ってすぐに立つ大原。

 前に圧力をかける大原。右前蹴りを当てるとワンツー。さらに右ミドル! バチンと音を立てる。さらに右ミドルのダブル! 3発目。大原の右ヒザに矢地も左を返す。さらに右のテンカオ! 矢地も左をテンプルに入れる。大原の右ミドル。蹴り足をつかむ矢地。さらにダブルレッグから小外刈を合わせてテイクダウン! マウント・バックを奪うが、矢地を背後から落とした大原が上に! 大原がパウンドを連打。足を効かそうと伸ばす矢地だが下でゴング。

 判定は2-1で大原が勝利。RIZIN初参戦でアップセットを成し遂げた。

 リング上で大原は、「DEEPから来ました。大原です。みんな思ったでしょう? 1個だけ、俺が勝つと言ってくれたみんな、KIBAのみんな、『これでいいだろ?』。またすぐに試合があると思います。応援、よろしくお願いします!」と絶叫した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事