MMA
レポート

【RIZIN】ケイプが再戦で朝倉海をTKOし新王者に! ハム・ソヒが3度目の正直で浜崎朱加に勝利し戴冠、ライト級GPはムサエフが優勝、 RENAがリヴェンジ成功、那須川鮮烈KO勝利

2019/12/31 15:12
【RIZIN】ケイプが再戦で朝倉海をTKOし新王者に! ハム・ソヒが3度目の正直で浜崎朱加に勝利し戴冠、ライト級GPはムサエフが優勝、 RENAがリヴェンジ成功、那須川鮮烈KO勝利

(C)Wakahara Mizuaki/RIZIN FF/GONG KAKUTOGI

2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナにて『RIZIN.20』が開催された。

▼第15試合 RIZINバンタム級(61kg)王座決定戦 5分3R(※ヒジ有り)
×朝倉 海(60.90kg/トライフォース赤坂)
[2R 0分38秒 TKO]

〇マネル・ケイプ(60.45kg/アンゴラ)
※ケイプが新王者に


 当初、堀口恭司とのRIZINバンタム級タイトルマッチが決まっていた朝倉の対戦相手はケイプに。この試合は堀口の王座返上を受け、第2代RIZINバンタム級王座決定戦として行われる。


 ケイプは2017年10月にRIZIN初参戦。バンタム級トーナメント1回戦で山本アーセンを1Rわずか1分11秒でハイキック葬し、衝撃日本デビューを果たした。続く2回戦では元UFCトップファイターのイアン・マッコールをヒザ蹴りでTKOに破る番狂わせを演じ、準決勝では堀口恭司に肩固めで一本負けを喫するも堀口に「やりにくかった」と言わしめた。


 そして2018年5月には朝倉海と対戦。朝倉を苦しめ、判定2-1の接戦で敗れたが、判定に納得がいかず事あるごとに朝倉との再戦をアピールしてきた。海戦以降、2018年9月には中村優作にリアネイキドチョークで一本勝ちするなど、寝技の進化も見せ、MMAファイターらしさを増したケイプだが、同年の大晦日にはUFCから参戦した佐々木憂流迦に判定負け。しかし、2019年4月に伊藤盛一郎を、同年8月に水垣偉弥をいずれも2R KO・TKOに下すなど、現在は2連勝中だ。


 特筆すべきは“RIZINの門番”として元UFCファイターの水垣を迎え撃った8月の試合。レスリングシューズを履いたケイプは、水垣の組みを切り、コーナーに詰めると、右に沈んでの右アッパーをクリーンヒット。さらに右に回り込み、振り向いてきた水垣を右フックでマットに沈めている。


第15試合、メインイベント。海のセコンドには第12試合目に勝利した未来がつく。王座戦の認定宣言後、ベルトを見せられたケイプは、ベルトを触りキスをした。


1R、オーソドックス構えの海。サウスポー構えのケイプはレスリングシューズを着用。先に軽く左ローは海。ケイプはフェイントを入れながら、左跳びひざで近づく。オーソドックス構えから再びスイッチしたケイプ。ダブルレッグに入るが切る海。近づき右を当てるケイプ! さらに左ハイも! ブロックする海。互いにサウスポー構え。組み付きヒザはケイプも離れる。


上下のレベルチェンジ、左右のステップと軽快なケイプの右に左を狙う海。しかし細かい左右のケイプに海はコーナー背にしながら右ストレートをヒット! 海は右を突く。左ジャブの刺し合い。左インローは海。詰めるケイプ。海の右はかわすとさらに左の跳びヒザから左右を突くケイプ。組みは海がしっかり切る。オーソドックス構えとなり、バックフィストから組んでいくケイプは右のオープンハンドブローも。ゴング。


2R、オーソドックス構えから入るケイプ。海のワンツーをかわすケイプ。細かく左右を打つケイプに海は右を当てて、接近戦で左フックを打ちに行くが、そこにケイプは右ストレート! 尻餅をついてダウンした海は、上体を立てにいくが、そこにケイプはパウンド、ヒジの連打! 海はシングルレッグから何とか立つが、すぐにケイプの連打の圧力にダウン。再び上体を起こそうとするがケイプに剥がされパウンドラッシュに海が背中を向けたところで、ケイプは脇下からパンチ。レフェリーが間に入った。TKO勝利にケイプはリングを駆け降りると、リングサイドの堀口恭司にハグして、キス。


リングに戻ると、「ミナサン、ナンダヨー、オマエ!」と日本語でファンに語りかけると、続けて「なんて幸せなんだろう。絶対に王者を獲れると思っていました。俺は世界王者だ。皆さんの応援があったから勝つことが出来ました。日本が大好きです。もう心は日本人です。アリガトウゴザイマシタ!」と歓喜の言葉を語った。


放送席でケイプから思わぬ祝福を受けた堀口は、「おでこにチューされた」と苦笑すると、今後について、「自分はしっかりと朝倉君とやってリベンジするだけです」と語り、ケイプの勝利については、「やることが増えたな、ナンダヨー! 最後は俺がチャンピオンになると思ってるので、まあ、面白くしてくれてありがとう」と試合を楽しみにしていることを語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント