ムエタイ
レポート

【RWS】吉成名高が過去最強の敵からダウンを奪い、相手に1ポイントも与えず大差判定勝ちで王座統一。伊藤紗弥がKO勝ち、永澤・JOE・重森・馬渡・レンタが立て続けに敗れる。老沼隆斗がアピデートに見事KO勝ち

2024/02/12 15:02
【RWS】吉成名高が過去最強の敵からダウンを奪い、相手に1ポイントも与えず大差判定勝ちで王座統一。伊藤紗弥がKO勝ち、永澤・JOE・重森・馬渡・レンタが立て続けに敗れる。老沼隆斗がアピデートに見事KO勝ち

撮影/安村発

RWS JAPAN
2024年2月12日(月)東京・後楽園ホール
※U-NEXTにてLIVE配信

▼ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
×プレーオプラーオ・ペップラオファー(タイ/王者)
[判定0-3] ※44-50×3
○名高・エイワスポーツジム(エイワスポーツジム/暫定王者)
※名高が王座統一、初防衛に成功。



 外国人初のラジャダムナンスタジアム3階級制覇を達成したラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級暫定王者の名高(吉成名高)が、正規王者プレーオプラーオと王座統一戦を行う。



 名高は2018年12月にラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王座(47.63kg)を獲得し、2019年4月にはルンピニーの同級タイトルも獲得。日本人初のムエタイ2大殿堂ラジャダムナン・ルンピニー統一王者となった。

 その後も快進撃を続け、2023年2月にはRWSシリーズに参戦し、左ハイキックで見事なKO勝ち。4月にはムエタイ強豪ソンチャイノーイもKO、5月にペットナコンをKOすると、7月にはウェウワーを破りラジャダムナンスタジアム認定フライ級王座を奪取。タイ人以外では史上初となるラジャダムナン王座の2階級制覇を達成した。



 快進撃は止まらず、8月には『RWS』で初防衛戦を行い4R TKO勝ちで日本人では史上2人目となるタイでの防衛に成功。9月も『RWS』に出場してスーパーフライ級でスーウィチャイを初回KO。

 10月のBOMでは左ミドルキックでチョンデンの左腕を1Rで破壊し、11月の『ジャパンキック』ではルンサックノーイを左ハイキックで2RにTKO。そして12月のRWSにてシューサップを2RでKOし、暫定王座を獲得して27連勝中。戦績は53勝(37KO)6敗1分。



 プレーオプラーオはペッティンディーの秘蔵っ子でライトフライ級との2階級制覇王者。パンチ、ヒジを得意とするファイタータイプ。タイでの人気も高い選手だ。


 
ワイクルーの際に名高は刀を抜いて突き刺すポーズ、プレーオプラーオはその刀を折る仕草をみせた。

 1R、共にサウスポー。前に出るプレーオプラーオに対し、名高は左へ回り込んでいく。プレーオプラーオの右ローをかわして左ストレートを打つ名高。さらに左ロー。左へ回ってパンチを打ち、最後は左ローを必ず蹴る。プレーオプラーオが左ローを意識し始めると左ストレート。

 名高のヒザ蹴りでプレーオプラーオが下がり、名高がヒジ&ヒザでラッシュ。身体を丸め、ローを蹴られたくないプレーオプラーオが足を上げて耐える。プレーオプラーオを名高が足払いで2回転倒させるとレフェリーがダウンを宣告。



 立ち上がったプレーオプラーオは前に出て来るが、名高は左ストレート、右フックから左ロー、プレーオプラーオはヒジを狙ってくるとジャブを連打してその距離を外しに行く。OPスコアは10-8×3。


【写真】1R終了時のプレーオプラーオのコーナー。思わぬ劣勢にタイ陣営にはペットモラコットもエプロンに登り、ゲキを飛ばした。

 2R、左のパンチで前へ出て来るプレーオプラーオに名高は回り込んでかわしながらジャブ、左ロー、左ヒザ、左ヒジ。距離を詰めるプレーオプラーオに名高の左ヒジがクリーンヒット。グラつかせる。

 それでも前へ出るプレーオプラーオをヒザやジャブ、左フックで迎え撃つ名高。プレーオプラーオはパンチを出しながらどんどん前へ出て来る。そこへ右フック。プレーオプラーオの動きが完全に止まる。



 ヒジの打ち合い。フラフラにななりながらもタフなプレーオプラーオは前へ出て攻撃を仕掛けてくる。名高はジャブから左ヒジ、そして右フック。ジャブとヒジを打った名高は反撃を警戒して距離をとる。ジャブから左ローの名高に距離を詰めてヒジを打つプレーオプラーオ。名高が圧倒しているが、プレーオプラーオは下がらず前へ出て攻撃してくるタフネスさ。OPスコアは10-9で名高。



 3R、名高はジャブと左ロー、プレーオプラーオの前進に合わせて逆方向へ回り込んでいく。プレーオプラーオのヒジをかわして逆にヒジをヒット。名高がワンツーからヒザ、右フックから左ロー。プレーオプラーオのパンチやヒジは名高のスウェーで空を切る。

 詰めるプレーオプラーオはバックハンドブロー。これはかすめられた名高だがすぐにジャブ、左ハイキック。ワンツーの連打、左ローからまた左ストレート。プレーオプラーオは疲れからか、拍子木の音をゴングと勘違いしてコーナーへ戻ろうした。ここまでの採点は30-26×3で名高。



 4Rも前に出てくるプレーオプラーオに名高はジャブ、蹴りをかわすと左ミドル。前へ出てくるプレーオプラーオに右ヒジも入れる。プレーオプラーオに左ミドルをキャッチされても倒されない名高。カウンターの右ヒジ、左ストレート、ジャブと名高がプレーオプラーオの出鼻を挫く。

 それでも諦めないプレーオプラーオは前へ出てパンチを打つ。ジャブとバックステップで完全に距離を支配する名高。ラウンドが終了すると、プレーオプラーオは絶望的な表情を浮かべてロープにもたれかかる。OPスコアは10-9×3で名高。



 5Rも逆転を狙って前に出るプレーオプラーオを、名高はジャブを出しながら回り込んでかわしていく。プレーオプラーオはヒジも繰り出すが名高はかわす。名高はジャブ、右ミドルを打ち、プレーオプラーオのパンチは丁寧にかわしてポイントを奪われないようにする。前に出るプレーオプラーオのフックをかわして試合終了。



 判定は50-44×3の大差をつけ、名高が堂々の勝利。スーパーフライ級王座を統一した。



 勝利者インタビューを受けた名高は「この試合をやるにあたってたくさんの方が動いてくださって、この大きな舞台で最高の相手と試合が出来たと思います。関係者とプレーオプラーオ選手に感謝します。今回1R目、KOを狙いに行って早い回で倒そうと思っていたんですけれど、それで皆さんをビックリさせようと思ったんですけれど、そこで打ち疲れしてしまって。その後もプレーオプラーオ選手は本当に気持ちの強い選手で、自分も何回か心が折れそうになったんですが、皆さんの応援のおかげで踏ん張ることが出来ました。本当にありがとうございます。

 1階級上の王者がクマンドーイ選手で、タイではその選手を試合をするんじゃないかって話が出ていて。自分もプレーオプラーオ選手を超えたことによって新たな強敵がどんどん出てくると思うので、その選手に挑戦していったりとか。チャンピオンを獲ったのが第1章だとしたら、次が第2章の始まりだと思うのでこれからの自分に注目してもらいたいと思います」と、第2章の始まりを宣言した。



MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア