MMA
レポート

【Bellator】帰って来た“アフロサムライ”バルナウイが一本勝ち!「ベルトを獲るためにBellatorに来た」、 エドワーズがウォードに判定勝ち、ワイルドがロジャースに競り勝つ、元RIZINランドゥが勝利のブレイクダンス! ハミドフが14連勝

2022/10/30 02:10

『Bellator 287: Piccolotti vs. Barnaoui』

10月29日(日本時間29日・25時30分からプレリム、30日AM5時からメインカード・U-NEXT配信

▼ライト級 5分5R
○マンスール・バルナウイ(フランス)20勝4敗・154.6ポンド(70.12kg)
[2R 2分51秒 リアネイキドチョーク]
×アダム・ピッコロッティ(米国)13勝5敗・155.2ポンド(70.39kg)

 ミラノ大会のメインでは、2019年5月の「Road FC 53」100万ドル争奪トーナメント優勝者マンスール・バルナウイ(フランス・19勝4敗)が、Bellatorライト級のアダム・ピッコロッティ(米国・13勝4敗)と対戦する。2023年ライト級ワールドGP査定試合ともいえるライト級の注目カード。

 30歳になったバルナウイは、3年5カ月ぶりにMMA復帰。身長182cmの体躯を活かし、ロシア「M-1 Global」やポーランド「KSW」など欧州トップレベルの団体で試合を重ね、韓国「ROAD FC」でライト級トーナメントに参戦。

 1回戦と準々決勝をいずれも1R 一本勝ちで突破すると、準決勝では日本の下石康太に3R リアネイキドチョークで一本勝ち、決勝ではロシアのシャミール・ザフロフを3R KOで下し、2019年5月のクオン・アソルとのタイトル戦に挑んだ。試合はベルナウイが1Rにアソルをリアネイキドチョークを極めてトーナメント優勝。MMA19勝のうち、6KO、12一本とほぼ全てをフィニッシュ勝利している強豪で、2013年4月には現UFC世界ライト級王者のイスラム・マカチェフと判定まで持ち込んでいる。

 今回の大会前の会見でベルナウイは「僕は本当に、今度のBellatorライト級ワールドGPトーナメントに出たいんだ。しっかりケージで自分のやれることをやりきる。僕の階級のファイターのみんな、そこで待っていてくれ。僕はそこに行くよ」と、ライト級上位陣に宣戦布告している。

 1R、サウスポー構えで詰めるバルナウイに、ピッコロティからシングルレッグテイクダウン! 右で差してリバーサルするバルナウイ。ピッコロティは下からオモプラッタ狙いも外して上になるバルナウイに、下から三角絞め、腕十字狙いのピッコロティ

 外して担ぎパスからバック奪うバルナウイい、両足はかけさせないピッコロティは立ち上がりを狙うが、右足を二重がらみのバルナウイはついに4の字ロックを組むと、背後からパウンド! さらにリアネイキドチョークへ。防御するピッコロティは脇を潜ろうとするが、戻したバルナウイは正対際にマウントもゴング。

 2R、ともにサウスポー構え。ピッコロティのワンツーをかわしたバルナウイはボディロックで崩すも際で上になりかけるピッコロティ。しかし長い足をかけてバックを奪うバルナウイは、4の字ロック。背後から細かくパウンド。リアネイキドチョークへ。最後はパームトゥパームに組み直してタップを奪った。

 3年5カ月ぶりのMMA復帰戦で一本勝ちしたバルナウイは、ACミランのユニフォームを着こみ、サークルケージの中で「このケージで初めて戦えて嬉しい。ベルトを獲るためにBellatorに来た」と笑顔を見せた。

 また、試合後の会見では「(3年以上ぶりの試合だが)調子はトレビアン! やりたいことができた。相手がグラウンドでやりたいことは分かってたので対策してきた通りになった。いますぐにでも次の試合ができる。私はベルトを獲るためにBellatorに来た 。ライト級GPとなったらやりたい相手はウスマン・ヌルマゴメドフだ。スペクタクルはまだこれで終わりじゃない。(パトリッキーvs.ヌルマゴメドフのタイトルマッチのどちらと対戦したい?)どちらが勝とうが、誰がベルトを持っていようが関係ない。自分がそれを手に入れるだけ。パリ大会がいい。パリでベルトが獲れたら最高」と語っている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント