キックボクシング
レポート

【RISE】103秒のダウンの応酬で工藤政英がKO勝ちで初防衛、知花デビットが良星との延長死闘制す! 竜哉と数島はドロー、極真・南原健太はKOデビュー=7.28後楽園「RISE 151」

2021/07/28 18:07

▼第6試合 -52.5kg契約 3分3R
△竜哉・エイワスポーツジム(エイワスポーツジム/WPMFムエタイ世界ミニフライ級王者、ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王者、IBF世界ミニフライ級王者)
【ドロー 判定1-0】※29-28, 29-29, 28-28
△数島大陸(及川道場/第30回全日本新空手道選手権大会 K-3GRAND PRIX 2019軽軽量級優勝、JAPAN CUP 2017 K-3選抜トーナメント-45kg級優勝)


 竜哉は小学4年生でムエタイを始め、アマチュア時代は約100戦を経験して9本のベルトを巻いた。中1の時にタイでプロデビューを飾り、タイで試合(約20戦)・練習経験を積んで2018年4月に満を持して国内プロデビュー。いきなりWMC世界ピン級王座を獲得して世界王者となった。


 2019年7月にはタイでIBFムエタイ世界ミニフライ級王座決定戦を制して日本人3人目のIBFムエタイ世界王者となり、9月には同じくタイ・ラジャダムナンスタジアムにて日本人として8人目のラジャダムナンスタジアム王者に。凱旋試合となった12月のWPMF世界ライトフライ級王座決定戦では判定2-0で惜敗したが、2020年2月にKO勝ちでWPMF世界ミニフライ級王座を獲得。2月の『RISE ELDORADO 2021』でRISEルールに初挑戦し、渡邊愼一から判定3-0(30-29、30-28×2)で勝利を収めている。4月の『BOM』ではMASA BRAVERYに完封勝利。戦績は26勝(8KO)6敗。


 当初は薩摩3373との対戦が決まっていたが、薩摩が左下顎骨骨折のため欠場。代わって出場する数島は第30回全日本新空手道選手権大会K-3GRAND PRIX 2019軽軽量級優勝、JAPAN CUP 2017 K-3選抜トーナメント-45kg級優勝の実績を持ち、昨年9月のRISE新宿FACE大会でプロデビュー。戦績は4戦3勝(2KO)1分の無敗で、軽量級でも倒せる攻撃力を持ち、同門の滉大、有井渚海に続く及川道場期待の18歳。


 1R、サウスポー構えの数島の打撃をかわして、オーソから内側を取り右ミドルをことごとくヒットさせる竜哉。さらに数島の入りに右のテンカオ。しかし詰める数島はショートの右フックで竜哉が思わず手をマットに着いてダウン!


 2R、竜哉の右ハイをかわして左を狙う数島。竜哉は踏み込み鋭いワンツーの右。右ミドルをダブルで当てる竜哉はワンツースリーと打つが額で受ける数島は打ち返しの左。竜哉の右の蹴りをかわして右ストレート、さらに左ミドルに繋ぐ。竜哉も手数を止めず、左ミドルを当ててゴングを聞く。


 3R、前に出る竜哉。右ミドルを数島の腕・脇に当てる竜哉の入りに右の前蹴りは数島。竜哉は右ミドルから右ストレートで飛び込むも数島はクリンチ。数島の右に右ストレート、右ミドルは竜哉。ゴングに両者が手を挙げる。


 判定は1-0(29-28, 29-29, 28-28)でドロー。1Rに攻勢もフラッシュダウンを喫した竜哉だが、中盤以降も積極的な攻撃でドローとなった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント