キックボクシング
レポート

【RISE】103秒のダウンの応酬で工藤政英がKO勝ちで初防衛、知花デビットが良星との延長死闘制す! 竜哉と数島はドロー、極真・南原健太はKOデビュー=7.28後楽園「RISE 151」

2021/07/28 18:07

▼セミファイナル(第7試合)バンタム級(-55kg) 3分3R延長1R
×良星(FIGHT CLUB 428/Team Bull/同級2位)
[延長R 判定1-2]※10-9×2、9-10
○知花デビット(エイワスポーツジム/WMC日本バンタム級&フェザー級王者)


 良星はスピードとスタミナを活かした常に動き回るアグレッシブなスタイルで“ノンストップ・ハイスピードバトル”を展開し、会場を常に沸かせるRISEの元気印。得意技はハイキック。2018年7月に鈴木真彦に敗れて以降は破竹の7連勝(3KO)を飾っていたが、2020年1月に鈴木とのタイトルマッチ再戦で敗れて王座奪取ならず。9月の『RIZIN』で江幡睦に2度のダウンを奪われて眼窩底骨折を負い、出場が決まっていた11月のDoAトーナメントを欠場した。今年2月に復帰戦を行い、内藤啓人にダウンを奪っての勝利。戦績は22勝(4KO)6敗1分。


 知花は三階級制覇四冠王でムエタイにて活躍した選手だが、パンチ&ローを得意とする。2019年7月以来勝ち星から遠ざかっていたが、2020年12月のRISEで元DEEP☆KICK-55kg王者・内藤凌太を左フックでKOして復活の雄たけびをあげた。当初は2月に良星と対戦が組まれていたが怪我で欠場、今回が仕切り直しの一戦となる。19勝(8KO)13敗4分。


 1R、ともにオーソドックス構え。近い距離でジャブの突き合いから、互いに右ローもチェック。良星は左ヒザに繋ぐ。知花は右前蹴り、詰めて左の強打をガード上から叩く。左右ボディから右ミドルを当てる良星! 詰める知花も左ボディを返すが良星は回る。


 2R、右カーフから上を狙う知花に、ブロッキングから返しのフックは良星。コーナーに詰めて左フックを当てる知花。右の打ち下ろしの蹴り、プッシュしてのヒザで押し返す良星だが、知花の圧力は止まらず。


 3R、前に出る知花。ともに近距離で頭をつけて左右フック、良星も打ち返しての近い距離で右ハイへ。互いに押し込んでの打ち合いも決定打はもらわず。

 本戦判定は0-0(29-29×3)で延長戦へ。


 延長R、ワンツー左ヒザで前進は良星。ジャブにはジャブ、ローにはロー、ミドルにはミドルを必ず打ち返す知花。ロー&パンチの知花に右ミドルまでつなぐ良星。ラスト30秒はノンストップの打撃も、蹴りまで繋ぎ押し込んだのは良星だが……。


 延長判定は2-1(10-9×2, 9-10)で知花が接戦を勝利。死闘を制した知花は「この1年は怪我もあり、たくさんのことがありました。それが逆に成長できる力となり、こうして形に出来て嬉しいです。いろんな人の助けがあってここにいます。55kgのタイトルを取れるように頑張ります」とマイクで語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント