MMA
レポート

【PANCRASE】菊入正行が三浦広光をKO、松岡嵩志が粕谷優介を1R KO! 山北渓人が一本勝ちで5連勝、佐藤光留は16kg差に敗れる、華蓮DATEがEDGEをTKO

2021/06/28 10:06

▼第2試合 フェザー級 5分3R
〇遠藤来生(Power of Dream Sapporo)14勝6敗3分/64.85kg
[判定3-0]
×中川皓貴(総合格闘技道場 reliable)8勝2敗1NC/65.9kg

※遠藤 来生:えんどう らいき 1991年11月22日生 165cm 北海道出身
※中川 皓貴:なかがわ こうき 1996年10月10日生 171cm 兵庫県出身

 遠藤は、2016年5月のGRACHAN23でプロデビュー、2017年3月のPFC.16で王者ジミー西を下し第2代PFCバンタム級王者となった。2019年7月に林勇作に判定負けも、11月のFighting NEXUSで階級をフェザー級に上げ、高橋憲次郎をKO。北海道のレベルと勢いを見せつけた。2020年3月のDEEPでは神田コウヤに判定負けも、12月のFighting NEXUSで拳勇を判定で下し再起を遂げている。

 青コーナーの中川皓貴は2019年アマチュアパンクラス全日本選手権優勝。2017年の「DXFC~Demolition Xtreme Fighting Championship」でプロデビュー後、GLADIATOR、DEEP大阪などで活躍し、9戦無敗(1NC)。2020年12月の大阪TTF CHALLENGE東西対抗で、ライト級2020ネオブラ優勝者の狩野優に判定勝ちし、関西勢唯一の勝利を奪った。遠藤と中川、2人は激戦のPANCRASEフェザー級で居場所を作れるか。

 1Rに右フック、ダブルレッグテイクダウンを奪う中川のラウンドも、2Rは遠藤が右フックから連打を浴びせて組みでもスクランブルで上になりラウンドを取り返す。勝負の3Rは、引き込んだ中川にトップを取った遠藤。立ち上がった中川が右を当てると、遠藤も右フックでトップを奪い、パウンド。接戦を判定で遠藤が制した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事