シュートボクシング
レポート

【シュートボクシング】海人が左フック一閃TKO勝ち、山田虎矢太も右ストレートで鮮やかなTKO勝ち、本戦9試合中8試合がKO・TKO決着に=写真&レポート追加

2024/06/15 20:06
【シュートボクシング】海人が左フック一閃TKO勝ち、山田虎矢太も右ストレートで鮮やかなTKO勝ち、本戦9試合中8試合がKO・TKO決着に=写真&レポート追加

撮影/安村発

SHOOT BOXING 2024 act.3
2024年6月15日(土)東京・後楽園ホール
※U-NEXTでLIVE配信

▼メインイベント(第9試合)70.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分3R延長無制限R
〇海人(TEAM F.O.D/SB世界スーパーウェルター級王者)
TKO 2R 2分47秒 ※レフェリーストップ
×アルマン・ハンバリアン(アルメニア/元GLORY世界ライト級9位)


 SBの絶対的エースの海人は2014年2月にデビュー。2017年11月にSB日本スーパーライト級王座を獲得し、2018年11月にはS-cup2018 -65kg世界トーナメント優勝。その活躍はSB内だけに留まらず、2016年以降はRISE、RIZIN、KNOCK OUTで全勝。KNOCK OUT-BLACKスーパーウェルター級王座、RISEミドル級王座を奪取した。2022年6月の『THE MATCH 2022』では野杁正明をも破っている。


 驚異の18連勝をマークしていたが、8月のGLORYで世界王者ティジャニ・ベスタティに敗れ王座奪取ならず。その後は連勝で再び勢いに乗ったが、2024年2月に元ONE世界王者ペットモラコットに惜敗。4月のダイレクトリマッチでリベンジを果たした。戦績は55勝(24KO)7敗1無効試合。


 ハンバリアンは58勝(27KO)8敗2分と豊富なキャリアを持ち、元ISKA世界ライトミドル級王者、元GLORY世界ライト級9位。2023年2月のGLORYに初参戦するとソリン・カリニュークに判定勝ち。その試合では左右に構えをスイッチし、左ローを多用。前に出るカリニュークには前蹴りから左右のヒザを何度も突き刺した。カリニュークのパンチにも下がらずローやヒザを蹴るタフさも見せた。12月のGLORYでは同級1位エンリコ・ケールと対戦して3RにTKO負け。この試合の後、ケールは王者ベスタティに挑戦している。


 1R、ジャブの突き合いから右カーフを蹴る海人。ハンバリアンジャブから前へ出て前蹴り、右ロー。スピードはないハンバリアンに海人は右カーフ、ガードを固めて左ボディ。ハンバリアンも右カーフを蹴って左ミドル。海人が左ボディを打てばハンバリアンも左ボディを返す。


 海人が右ストレートから前へ出るが、ハンバリアンも左右フックで打ち合い、左フックが相打ち気味になって海人を下がらせる。ロープを背負った海人に左フックを打つハンバリアンだが、海人も右ストレートのカウンター。ハンバリアンが左右フックを連打。海人は一度離れると右カーフを蹴っていく。



 2Rが始まると同時にパンチから左三日月、右カーフを連打する海人にハンバリアンも右フックと右ローを返す。ハンバリアンの連打を両腕ブロックしてヒザと左ボディを打つ海人。首相撲からもヒザを連打する。


 ハンバリアンはガードの上からパンチを打ち、バックハンドブロー、そして組みつく。海人はジャブと右カーフ、しつこく組んでくるハンバリアンに右フックを見舞う。ハンバリアンが足を止めて打ち合いに来ると、海人が左フック一閃。倒れ方を見たレフェリーが即座にストップ、鮮やかなTKO勝利を飾った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント