空手
レポート

【極真会館】男子は西村界人がコバレンコを破り連覇達成。女子は鵜沢菜南が初優勝、佐藤七海が3連覇を阻まれる

2022/11/20 15:11
【極真会館】男子は西村界人がコバレンコを破り連覇達成。女子は鵜沢菜南が初優勝、佐藤七海が3連覇を阻まれる

2年前の全日本決勝で敗れたコバレンコ(右)に雪辱を晴らし、2連覇を達成した西村

極真会館「第54回オープントーナメント全日本空手道選手権大会」
2022年11月20日(日)東京体育館

 来年11月に開催される極真会館最大行事『第13回全世界空手道選手権大会』の日本代表選手選抜大会として行われる今年の全日本選手権大会。以前は128名により2日間にわたるトーナメントだったが、コロナ禍もあり、今年は69名によるワンデートーナメントで日本一の座が争われた。

▼男子決勝戦
×コバレンコ・コンスタンティン(総本部道場)
延長 判定4-0
○西村界人(東京城北支部)
※西村が優勝。2連覇を達成。


 男子の決勝戦は2022年第53回全日本王者の西村と、2020年第52回全日本王者コバレンコの顔合わせとなった。両者は2年前の全日本決勝でも対戦し、コバレンコが初優勝を飾っている。


 コバレンコは下突きと右下段、西村も突いて左下段を蹴る。コバレンコはコンパクトなモーションで左右の下段を蹴り、下突きをねじ込む。隙あらば足掛けも狙う。突いて左下段を蹴る西村はコバレンコの突きにヒザ蹴りで応戦。下突きを打たれるとすぐにヒザを返す。コバレンコもヒザ、西村は押してのヒザ。巨体を躍らせるように左右のヒザを突き出す西村に、コバレンコは回り込みながら下突き。


 本戦の判定は0-0。延長戦へ突入する。細かく突いて左下突きにつなぐコバレンコは、左下段と左内股も蹴る。それに西村は左下段で対抗。回り込むコバレンコを逃さず左下段。西村は押し、ヒザ蹴りで前へ出て左下段。コバレンコがこれに下がる。打ち合うコバレンコだが西村が押して下がらせてのヒザ、突きで前へ出た。


 判定は4-0で西村が勝利。巨体を躍らせるようにしてヒザで前へ出たこと、押しを織り交ぜたことが差となったか。西村がかつて敗れたコバレンコにリベンジし、2連覇を達成した。

 西村は「自分一人の力ではここまで来れませんでした。応援・サポートしてくれた皆さんに恩返しが出来て嬉しい気持ちでいっぱいです。最後は確かに細かい技術の面もありましたが、最後は気持ちの勝負になると思いました。僕をここまで強くしてくれるきっかけとなったコバレンコ選手には感謝しかないし、来年の世界大会決勝でもう一度戦って決着をつけたいと思います。連覇がかかった試合でしたが初戦から決勝まで挑戦者の気持ちを忘れずに一戦一戦全力で戦えたことが結果につながったと思います。終わったと同時に、来年の世界大会への戦いは始まっていますし、強い日本チームで勝って必ず日本が優勝、最後は自分が世界チャンピオンになります」と、来年の世界大会での必勝を宣言した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント