GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
レポート

【K-1 KRUSH】無敵ピケオーが神保を圧倒して5度目の防衛に成功、江川優生は圧巻の初回KOで初防衛

2019/06/21 20:06

▼第3試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級 3分3R・延長1R
×龍斗(K-1 GYM横浜infinity)
判定0-3 ※29-30、28-30、28-30
〇黒田勇斗(隆拳塾)


 1R、黒田が左ミドルと右ストレートでボディを攻めていき、龍斗は先手を取る黒田に右ストレート、右ローを返していく展開。2Rも龍斗がパンチ、ヒザ、左ミドルでボディ責め。終盤には攻撃をまとめて優勢を印象付ける。


 3R、龍斗は手数が足りなく後手に回る場面が多く、黒田が攻めてくると右ストレート、左フックをリターンで当てに行くが、黒田が手数多く積極的に攻めて判定勝ちした。

▼第2試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級 3分3R・延長1R
〇森坂 陸(エスジム)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
×髙橋直輝(若獅子会館)


 1R、高橋は強い右ローを蹴りつつワンツー、左フックとパンチを狙っていき、森坂は右ローと左ミドルで様子見。2Rは前に出る森坂にフットワークを使って距離を取り、パンチを当てていった高橋だが、中盤を過ぎると森坂のボディ攻めに苦しそうな表情を浮かべる。


 3R、高橋はパンチを繰り出して森坂の左ミドルに対抗。ボディが苦しそうだが顔面へパンチを放っていく。森坂の連打をもらった高橋がワンツーを放つと、その勢いで前に倒れ込みこれがダウンと判断された。高橋は挽回しようとパンチを打つが、ダウンが決め手となって森坂の勝利となった。

▼第1試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級 3分3R・延長1R
×川口拓真(K-1ジム総本部チームペガサス)
KO 3R3分03秒 ※右ストレート
〇佐野純平(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

 プロではライト級を主戦場に戦ってきたK-1カレッジ2017 -65kg王者・佐野がスーパー・フェザー級に転向。毎回タフファイトを見せる川口との対戦が決まった。川口は「K'FESTA.2」で友鷹にKO負けを喫し、現在4連敗中。佐野も昨年11月の塚本拓真との試合はドローに終わり、怪我を乗り越え、階級を変更して出直しの一戦となる。戦績は川口が5勝(3KO)7敗、佐野が1勝(1KO)1敗2分。


 1R、ローの蹴り合いで佐野がより強い右ローを蹴っていき、川口は顔面ガードを固める佐野に左ボディを命中させる。川口が左ボディフックからの右フック、そして右ストレートで佐野を大きくグラつかせた。


 2Rは佐野がジャブを多用して持ち直し、3Rはジャブに加えて右ストレートを何度も当てていく。右ストレート3連打で佐野がダウンを奪い、右ストレートで2度目のダウンを追加したところでレフェリーが試合を止めた。

▼プレリミナリーファイト第3試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級 3分3R
〇斉藤雄太(K-1ジム五反田チームキングス)
TKO 1R1分32秒 ※カットによるレフェリーストップ
×竹腰一麻(Club TOSHI)

▼プレリミナリーファイト第2試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級 3分3R
×渡邊俊樹(優弥道場)
KO 1R1分17秒 ※3ノックダウン
〇EITO(HALEO TOP TEAM)

▼プレリミナリーファイト第1試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級 3分3R
〇秀樹(レンジャージム)
KO 2R1分51秒 ※左ストレート
×提髪和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事