GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
レポート

【K-1 KRUSH】無敵ピケオーが神保を圧倒して5度目の防衛に成功、江川優生は圧巻の初回KOで初防衛

2019/06/21 20:06
【K-1 KRUSH】無敵ピケオーが神保を圧倒して5度目の防衛に成功、江川優生は圧巻の初回KOで初防衛

K-1 KRUSH FIGHT.102
2019年6月21日(金)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合(第8試合)K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
〇ジョーダン・ピケオー(王者/オランダ/マイクスジム)
判定3-0 ※30-28×3

●神保克哉(挑戦者/K-1ジム目黒TEAM TIGER)
※ピケオーが5度目の防衛に成功。


 ピケオーは2015年5月に初来日し、当時国内トップの実力者だった佐藤嘉洋をKOして注目を集めた。同年7月の『K-1 WORLD GP -70kg初代王座決定トーナメント』では決勝でマラット・グレゴリアンに敗れるも、1回戦と準決勝はKO勝ちして準優勝。その後は現在までチンギス・アラゾフに敗れたのみで、日菜太、木村“フィリップ”ミノル、野杁正明といった国内強豪たちを軒並み撃破し、日本人相手に無敗を誇る。今回が5度目の防衛戦。戦績は45勝(20KO)7敗1分。


 挑戦者の神保は第4回K-1チャレンジAクラス -70kgで優勝して、2015年6月にプロデビュー。2018年1月に第3代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級王者の中島弘貴を破る金星を得て、昨年12月にはJ-NETWORKスーパー・ウェルター級王者の平塚洋二郎をKO、今年3月には4連勝と絶好調だった藤村大輔を破って連勝を飾った。戦績は8勝(4KO)3敗1分。


 1R、じりじりと前に出るピケオーに神保は右へ回り込む。神保の右がピケオーの顔面を捉えるが、すぐにピケオーが3連打。ピケオーはジャブを突き、ヒザ蹴りやハイキックにつなげる。神保はピケオーの連打に左フックを打ち返し、場内がどっと沸いた。


 2R、ピケオーのジャブに右ストレート、左フックを打ち返す神保。ピケオーが連打からのヒザ蹴りで詰めてくるとパンチで打ち合いを見せる。ピケオーはボディブローとヒザ蹴りを連打の中に交えてボディを攻める。ピケオーのフックをもらうと負けじと左右フックを打ち返す神保。右フックに腰が落ち、ピケオーの連打を浴びるが、それでも神保は打ち返す。ピンチに耐える神保は右ハイを返した。


 3R、顔を真っ赤に腫らした神保へピケオーは容赦なくジャブを当てに行く。ピケオーの強烈な左フックからの右フックに崩れ落ちる神保だったが、しがみついてダウンを逃れる。パンチで必死の抵抗を見せる神保だが、もはやスピードがない。ピケオーはかわして逆にパンチを打っていく。神保はハイキックで逆転を狙ったが、ピケオーはその神保の攻撃をかわして試合終了。


 判定3-0でピケオーが5度目の防衛に成功した。ピケオーはマイクを持つと「次は久保のベルトを狙いに行くので待っていてください」と、K-1 WORLD GPウェルター級王者・久保優太に挑戦宣言。


 すると久保がリングに上がり、「防衛おめでとうございます。3月から練習していなくて、最近バタバタ忙しいので、いずれピケオー選手と組まれることがあると思うので、その時は僕も頑張ります」と事実上、挑戦を受けると承諾。


 ピケオーも「試合が終わったばかりだが、久保選手が同じリングにいる。そして僕の挑戦を受けてくれるようですが、今すぐはできないのでお互いに練習してからやりたいと思います。久保選手は特別に凄い選手ではないので練習して必ずKOします」と、KOでK-1王座はいただくと言い放った。


 試合後のインタビューで神保は「印象は拳が硬いくらい。もっと打ち合った方が勝機があったかと思います。でも行けなくて…。絶対にピケオーにはやり返します」とリベンジを誓った。

 ピケオーは「スパーリングくらいの気持ちだった。もっとガンガン来ると思ったらリングを回るばかりでガッカリした。神保は判定で勝とうと打ち合う気はなかったので、打ち合ってくる試合をしてくれれば自分も前に出たが、結果的にそういう試合になることはなかった」と、神保の戦い方に不満を漏らす。


 K-1王者・久保への挑戦については「次に挑戦できれば嬉しく思う。彼は強い、打てば打ち返す選手だ。神保は打たれるとすぐに逃げる、そういうスタイルだ。和島、木村、野杁は打ち合いをしてくれた。そういう試合をしてくれるとお客さんが喜ぶ激しい試合ができる。久保もそういう試合をしてくれると思うので楽しみだよ。次の目標は日本に来て久保をKOしてベルトを奪うことだ」と、改めて挑戦を熱望した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事