MMA
インタビュー

【LFA】グレコU-23世界王者からMMA転向1年の北米挑戦、河名マスト「8月6日は広島県民の僕にとって特別な日。たくさんの人が命を繋いできたおかげで好きなことをやっていられることに感謝して、戦う」

2022/08/05 12:08
【LFA】グレコU-23世界王者からMMA転向1年の北米挑戦、河名マスト「8月6日は広島県民の僕にとって特別な日。たくさんの人が命を繋いできたおかげで好きなことをやっていられることに感謝して、戦う」

POUND STORM』で修斗世界同級1位の山本健斗デリカットに判定勝ちした河名マスト。入場時の花道で蹲踞の姿勢で、クラッチを組んでいた。(C)SUSUMU NAGAO

 2022年8月5日(日本時間6日・朝10時~ABEMA配信)に米国オクラホマ州ショーニーのグランドホテル・カジノ&リゾートで開催される『LFA 138』に、田中路教と河名マスト(ロータス世田谷)が出場する。

 フェザー級の河名は、元グレコローマンレスリングU-23世界王者。全日本社会人選手権優勝・国体二連覇などの実績を引っさげて、MMAに転向も、初戦でジェイク・ウィルキンスのハイキックを受けてカットしドクターストップ。苦い敗戦を経験した。

 しかし、その後は約2カ月毎に試合を行い、怒涛の5連勝。武器であるグレコローマンレスリングをMMAにアジャストし、急激にMMAファイターとしての強さを増している。

 米国で戦う相手は、MMA8勝2敗の強豪で、UFCのマイルズ・ジョンズと兄弟のイラジャ・ジョンズ(米国)。左の強打と組みにも長けたオールラウンダーだ。

 MMA転向から約1年、北米最大のフィーダーショーで、目標とするUFCへと繋がるLFAに初参戦を決めた河名は、今回の試合に向け、広島生まれとして「8月6日」に、「好きなMMAが出来ることに感謝して戦いたい」という。

現地でイレギュラーなことも多いけど、自分でコントロール出来ないことは、諦める

──2日後の試合に向け、コンディションはいかがですか。

「ホテルに着いたのが昨晩(3日)の23時頃で、体重は残り2kg減量があるので、そこはちょっと厚着して動いてという感じです。コンディションはすごくいいです」

──オクラホマというと、古くはダニー・ホッジ、ケニー・マンデー、フランク・トリッグ、ランディ・クートゥアー、キング・モーなどカレッジレスラーの宝庫というイメージですが、レスラーにとって聖地的な響きがあったりするのでしょうか。

「……オクラホマは初めてで、ダンスでしか聞いたことが無かったです(笑)」

──オクラホマ・ミクサー(笑)。2017年デーブ・シュルツ記念国際大会にも出場してますよね。ちなみに映画『フォックスキャッチャー』のシュルツ兄弟もオクラホマ大出身ですが、河名選手が優勝した階級は……。

「グレコの59kg級でしたね。(中村倫也選手とも一緒?)そのときは倫也はいなかったように思いますね(中村は2015年に出場)。その意味では、海外自体は、高校時代から遠征で行っていたので、慣れてはいますね」

──海外でのMMAの試合は初かと思いますが、現地での試合に向かう状況はいかがですか。

「水抜きするのに、お風呂で半身浴しようと思ったのですが、いざホテルについてみるとバスタブが無くてシャワーしかなくて、もう動くしかない。でもマットスペースも無くて、ミット打ちはホテルのプールサイドでやったくらいで……そういうイレギュラーなことも起きるなと思いつつ、柔軟に対応していかないといけないなという感じです」

──そういう状況でどのようにメンタルを整えていますか。

「そこはもう自分でコントロールできる部分ではないので、諦めるというか(笑)。その状況で戦うしかないです。ケージに入ったらそこはもう相手と条件は一緒なので、与えられた環境で、やるべきことをやるしかないのかなと思います」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント