MMA
レポート

【UFC】中村倫也が鮮烈一本勝ち! 風間敏臣と準決勝で日本人対決へ。野瀬翔平もTKO勝ち、堀内佑馬がトップノイに敗れる。元K-1女子ノットソンが完勝=『Road to UFCエピソード3&4』

2022/06/10 16:06
【UFC】中村倫也が鮮烈一本勝ち! 風間敏臣と準決勝で日本人対決へ。野瀬翔平もTKO勝ち、堀内佑馬がトップノイに敗れる。元K-1女子ノットソンが完勝=『Road to UFCエピソード3&4』

(C)Zuffa LLC/UFC

「Road to UFC エピソード3&4」試合リポート

 2022年6月10日(金)シンガポール・インドア・スタジアムにて、前日の『Road to UFCエピソード1&2』に続き、『Road to UFC エピソード3&4』が開催された。

 UFC Fight Passに加え、ABEMAでの無料生中継も行われた同トーナメント(※1回戦が6月、準決勝は9月か10月、年末に決勝戦。優勝者がUFCと契約)には、フライ級、バンタム級、フェザー級、ライト級の4階級に8人の日本選手が出場。

 初日は、フェザー級で松嶋こよみが判定勝ち、SASUKEが一本負け。バンタム級で風間敏臣が判定勝ち、ライト級で鹿志村仁之介がTKO負け、ワンマッチで内田タケルが一本勝ち。

 2日目は、バンタム級の中村倫也野瀬翔平が勝ち上がり。フライ級の堀内佑馬はトップノイに敗れ、1回戦敗退で、トーナメント出場日本人の戦績は4勝3敗。バンタム級は9月の次戦で中村vs.風間の日本人対決も決まるなど、日本人3選手がいずれも準決勝進出を決めた。

【エピソード4】

▼バンタム級 5分3R
〇野瀬翔平(日本)135.5lbs/61.46kg
[1R 1分13秒 TKO] ※ウリジ・ブレンが右足負傷

×ウリジ・ブレン(中国)135.5lbs/61.46kg

 2日目のメインに登場の野瀬は、柔道時代の首の大怪我を乗り超えて、2021年に修斗でプロデビュー。その後、2021年7月に齋藤翼に判定勝ち、12月に奇天烈に一本勝ち。ONE Japan SeriesやHEATでも実績を積み、MMA8勝2敗2分け。6勝が一本勝ちと極めの強さを誇る。近年はRISEにも参戦し、立ち技に磨きをかけている。

 対するウリジ・ブレンはMMA20勝8敗。2017年から2019年にUFCに参戦も、3連敗でリリース。UFC後にWLFなどで4勝1敗と勝ち越して、今回の再チャレンジの機会を得た。

 1R、サウスポー構えの野瀬。右のカーフキックを当てる。野瀬は左ハイは空振り。さらに右カーフを当てる野瀬。続く野瀬の右ローを掴みにいくウリジ・ブレンだが、足を抜く野瀬。またも右のカーフを当てる野瀬。互いに右の蹴りが交錯も、野瀬の蹴りがローブローに。中断。

 再開。右のバックフィストで飛び込む野瀬。かわすウリジ・ブレンに右のカーフキック。ウリジ・ブレンの左の蹴りを掴むが、崩せず。ダブルレッグに入ると、そこにカウンターの右ヒザはウリジ・ブレン! それをキャッチして野瀬は押し込むが、ウリジ・ブレンは左で差して押し込み。

 野瀬は右で小手に巻いて、右脇を絞って投げ。そこで崩れたウリジ・ブレンに右のパウンドを連打し、レフェリーが間に入った。 右足を押さえるウリジ・ブレン。

 ケージのなかでインタビューを受けた野瀬は、「素直に嬉しいです。勝利して。(どこで怪我をしたか?)カーフが効いて踏ん張ったのかなと思います。勝ちは勝ちなので」と答え、今後について、「次、準決勝で優勝候補の強い選手(キム・ミンウ)に勝って、決勝で日本人対決(中村倫也vs.風間敏臣の勝者と対戦)をしたいです」と、力強く語った(※追記・10月アブダビで準決勝、野瀬の対戦相手は中村倫也に変更に

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント