MMA
レポート

【UFC】松嶋こよみが死闘制す! SASUKEがまさかの一本負け、風間敏臣が判定勝ち、緊急参戦・鹿志村仁之介がTKO負け、内田タケルが一本勝ち=「ROAD TO UFC」Day1

2022/06/09 15:06
 2022年6月9日(金)、シンガポール・インドア・スタジアムにて「ROAD TO UFC エピソード1&2」が開催され、日本から2デイズの初日に松嶋こよみ、SASUKE(佐須啓祐)、鹿志村仁之介、風間敏臣、内田タケルの5選手が参戦した(※2日目に堀内佑馬、中村倫也、野瀬翔平が出場。※宇佐美正パトリックは減量中に体調不良となり欠場)。トーナメント準決勝は9月か10月、決勝は年末に開催予定だ。 【エピソード2】 ▼フェザー級 5分3R〇松嶋こよみ(日本)145.5lbs/66.00kg[判定2-1] ※28-29, 30-27×2×ホン・ジュンヨン(韓国)146lbs/66.22kg  松嶋こよみは、少年時代に極真空手、レスリングなどを学び、2015年に修斗でプロデビューすると新人王を獲得。その後はPXC、PANCRASE、ONE Championshipで活躍した。  ONEでマラット・ガフロフを1R TKOに降すと、クォン・ウォンイルに判定勝ち。王者マーティン・ニューイェンには2R TKO負けで王座獲得ならずも、キム・ジェウォンに3R TKO勝ちで再起。2020年12月の前戦ではゲイリー・トノンに判定負けしている。その後、世界最高峰のUFCで戦うためにONEとの契約を更新せず、1年4カ月間を研鑽し続けてきた。MMA12勝5敗。  対するホン・ジョンヨンは、MMA11勝6敗1分け。Double GFCとAngel's FCのフェザー級統一王者。  松嶋のセコンドは、北岡悟パンクラスイズム横浜代表と岩崎達也・剛毅會空手道代表。ジュンヨンには“コリアンゾンビ”ジョン・チャンソンがつく。  1R、サウスポー構えから入る松嶋。オーソドックス構えのジュンヨンは右ミドルを当てて、右インローも。左で入って滑った松嶋だが、シングルレッグで前に。足を抜くジュンヨン。左の蹴りを当てる松嶋。歩いて左フック、左ハイをブロック上に当てる。  右インローのジュンヨンは2発。さらに右ミドルも。右ストレートを突く松嶋。左インロー、スイッチして右ストレート。ジュンヨンは右を当てる。さらに右ミドルも入る。左を振って、ジュンヨンの打ち返しをかわす松嶋。  右を振るジュンヨンの打ち終わりに足をつかむ松嶋。しかし切るジュンヨンの打ち返しに少し後退。前に出てきたところのダブルレッグからバックテイク! さらに正対して左跳びヒザ! ダウン気味に腰が落ちたジュンヨン。右がかすめた松嶋。  左前蹴りを突いて、歩いてそのままダブルレッグテイクダウン決める松嶋がヒジ! 立ち上がるジュンヨンに、松嶋はゆっくりスイッチながらさばく。  2R、オーソドックス構えから右ローを当てる松嶋。しかし、ジュンヨンの右オーバーハンドを被弾した松嶋。クリンチするとシングルレッグでテイクダウン。さらに頭と足を抱えて金網に押し込み。ダメージを回復する。  ジュンヨンの立ち上がりに右ヒザを2連打する松嶋! さらにダブルレッグテイクダウン! 立ち上がるジュンヨンに松嶋はガードを下げてヘッドスリップで左右をかわすと、ダブルレッグを金網までドライブしてテイクダウン。  ここは立ち上がるジュンヨンも軸をぶらしながら左右を突いて前に。ここにダブルレッグでテイクダウン。なおも立ち上がるジュンヨンに「もう1回テイクダウン!」の声に松嶋は厳しい時間帯にダブルレッグテイクダウンを決める! 金網背に立ち上がるジュンヨン。  オーソドックス構えの両者。スイッチして足を伸ばしてテイクダウンを狙う松嶋。下になりかけるが、スクランブルで上でブザー。  3R、オーソから左右の蹴りの松嶋。サウスポー構えになり、左インロー! 頭を下げて右を突くジュンヨン。そこに左を突く松嶋は左跳びヒザ! ジュンヨンは右ロー! ここで足をスイッチさせた松嶋はスタップを踏んで角度をつけて入る。ここで詰めるジュンヨンに、スタミナ厳しい松嶋。詰めて際で上を取りかけたジュンヨンに上を取り返した松嶋。  スタンドで近づき払い腰テイクダウンは松嶋! サイドを奪い、細かくヒジを突く松嶋。残り2分。互いに苦しい時間。亀になるジュンヨンのバックにつく松嶋はスタンドバックで崩して手を着かせる。  なおも立ち上がるジュンヨン。背後から2度崩して亀にさせる松嶋! さらにもう一度、崩してコントロール! 残り10秒の拍子木に亀になるジュンヨンに背後からパウンド! ブザー。松嶋は左足親指が曲がって腫れ、ジュンヨンはケージマットにもたれかかる、死闘は判定へ。  判定は2-1(28-29, 30-27×2)に割れて、松嶋が勝利。「ギリギリ勝てたと思いましたが、ジュンヨン選手がほんとうにタフで強かったです。まさしくコリアンゾンビの弟子だなと思いました。いつかあそこにたどりつけるように頑張ります。(レスリングを多用したが?)もっと僕のいい打撃の距離で戦いたかったんですけど、相手のプレッシャーが強かったので、こういう展開になりました」と語った。  松嶋は9月の準決勝に進出。SASUKEを破ったイー・ジャーと対戦する。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇チウ・ラン(中国)126lbs/57.15kg[判定3-0] ※30-27×3×ウォーレン・デル・ロサリオ(フィリピン)124lbs/56.25kg  1R、チウ・ランはサウスポー構えから。オーソのロサリオに左右の4連打を突く。右の関節蹴りを突くチウ・ラン。さらに長いワンツーの左! ロサリオはワンツーの右で押し戻す。  右奥足ローを突くロサリオ。圧力をかけるチウ・ランにロサリオはダブルレッグテイクダウン。すぐに立つチウ・ランに続けてシングルレッグテイクダウン。立ち際にバックを奪い、両足をかける。  2R、サウスポー構えから右ジャブ&ローを突くチウ・ランに、打撃で応戦するロサリオ。チウ・ランは右前足での蹴り。ロサリオの遠間からのシングルレッグを切ると、その離れ際にロサリオは右を振る。  詰めてワンツーを2度。4連打を見せるチウ・ラン。さらに左ボディストレートも。ロサリオは左右で右を伸ばすが、そこにカウンターの左をヒットさせチウ・ラン! 右の蹴りでブザー。判定は3-0(30-27×3)でチウ・ランが勝利。15勝目をマークし、フライ級準決勝に進出した。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇ジェカ・サラギ(インドネシア)153lbs/69.40kg[3R 2分24秒 TKO] ※右バックフィスト×パワン・マーン・シン(インド)155lbs/70.31kg  1R、ともにサウスポー構え。シンから組むが右で差すサラギが両脇を差してリフトしてテイクダウン。サイドを奪うと、アメリカーナ、さらにストレートアームバー狙い。しかしになって腕を外すシン。バックから亀のシンのボディにヒザを突くサラギ。さらにパウンド。  2R、またも先に組むのはシン。ここも1Rと同じようにボディロックテイクダウンしたサラギ。シンは反則の後頭部への垂直ヒジで即「減点1」。  再開。右ローから左ハイを見せるサラギ。シンは左フックも近づくと組みで引き込み気味に下に。下になるシンにサラギは中腰でパウンド。頭を押さえて立ち上がるシン。緊急参戦のサラギはスタミナきついか手数が減る。右で差すサラギは押し込んでブザー。  3R、走り込んで右ローを当てるサラギ! さらに左の蹴りにシンはバランスを崩して下になる。立ち上がり左右を振るシンは続けてシングルレッグへ。しかし突き放すサラギ。  左から右をアゴの上に当てるシン! しかしクリンチしたサラギは、離れ際に高速の右のバックフィスト! 緩急をつけた攻撃をまともに顔面にもらったシンがダウン。すぐにレフェリーが間に入った。  サラギは準決勝でキ・ウォンビンと対戦する。 [nextpage] ▼ワンマッチ フライ級 5分3R〇内田タケル(日本)125.5lbs/56.93kg[1R 2分26秒 リアネイキドチョーク]×ショーン・エチェル(豪州)126.5lbs/57.38kg ※0.5ポンド体重超過  19歳の内田はMMA5勝1敗。勝利はすべて一本勝ちというグラップラーだ。エチェルはMMA7勝2敗。WSOFでティム・ムーアーに敗れているが、現在は2連勝中。  1R、いきなりシングルレッグで押し込んだ内田。差し上げるエチェルにハイクロッチから頭を出してバック狙いもボディロックテイクダウンで後方に投げるも、捨て身気味になり下に。  サイドからハーフに戻した内田はバック狙いのエチェルを横に落として上に。スクランブルで立つエチェルに左足をかけてスタンドバック狙い。これを腰を抱いてボディロック気味にテイクダウンし上になるのはエチェル。  しかしすぐに腰をずらして横に落とすと、内田が逆にすぐにバックへ。素早く左腕をのど下に巻くと、首はそのままに中腰になるエチェルは前方に跳んで内田を頭から落とすが、両足もかけた内田は腕を外さず。リアネイキドチョークを極めた。  オクタゴンで初の一本勝ちを極めた内田は、「初めての海外の試合で緊張しましたが、一本で勝てて、反省するところはありますが、とりあえず勝てて良かったです。こんなデカい会場で戦うのも初めてで、勝てて気持ち良かったです。トーナメントには出られなかったですけど、自分はまだチャンスはあると思っているので、9月、12月も準備をして待っています」と語り、セコンドの岡田遼とハグをかわした。 [nextpage] 【エピソード1】 ▼フェザー級 5分3R〇イー・ジャー(中国)145.5lbs/66.00kg[1R 2分13秒 リアネイキドチョーク]×SASUKE=佐須啓祐(日本)145.5lbs/66.00kg  WFLで活躍する中国のイー・ジャーはMMA18勝3敗。風間と対戦したケレムアイリに2R TKO負けしている。  1R、中央に立つSASUKE。イー・ジャーは前後のステップから左ボディを見せる。右ローを突くSASUKEは左を突いて組みに。右で差すイー・ジャーに左で小手に巻くSASUKE。  金網に押し込むイー・ジャーは右で差して大腰気味にテイクダウン。崩されたSASUKEはすぐに立つも、イー・ジャーはボディロックテイクダウンから2度崩して、リアネイキドチョークへ! この着地時に右手を着いたSASUKEは右腕を脱臼か。SASUKEは左手でタップした。タップ後、SASUKEは右腕を押さえた。  トーナメント準決勝進出を決めたイー・ジャーは、試合後「私は間違いなく契約を勝ち取るつもりだと知っています。他の誰もが私を恐れるべきです」と語った。イー・ジャーは、この後行われる松嶋こよみvs.ホン・ジュンヨンの勝者と対戦する。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇キ・ウォンビン(韓国)155.5lbs/70.53kg[1R 4分45秒 TKO] ※グラウンドで左ヒジ×鹿志村仁之介(日本)152lbs/68.94kg※パラジン(中国)が欠場  1R、向かい合うと階級差を感じさせるフェザー級の鹿志村とライト級のウォンビン。右を振って組んだ鹿志村は、潜り足関節から内ヒール! ヒザを抜こうとするウォンビンにヒザ十字。さらに内ヒールも、足を抜くウォンビン。  詰めて右ローのウォンビンに蹴り足を掴んでテイクダウン狙う鹿志村。立ち上がるウォンビンに跳びつき三角絞め狙いで引き込む鹿志村。上体を上げてパウンドを打つウォンビンに左足を手繰ろうとする鹿志村。ウォンビンは左瞼から出血。  右腕を殺されたまま左ヒジを浴び続ける鹿志村を見て、レフェリーが間に入った。ウォンビンがトーナメント準決勝進出。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R〇風間敏臣(日本)135lbs/61.24kg[判定3-0] ※30-27×2, 29-28×ケレムアイリ・マイマイチツォヘチ(中国)136lbs/61.69kg  柔術ベースの風間はMMA9勝2敗。対するケレムアイリは散打ベースで柔術青帯。WFL時代に元UFCのウリジ・ブレンに判定勝ちしている。MMA26勝10敗。  1R、先に中央に飛び出た風間。ケレムアイリは右前蹴り。風間の左の蹴りを掴んで倒すが、グラウンドには行かない。右を突いて組みに行く風間を突き放すケレムアイリ。  詰めて左で差してボディロックテイクダウンは風間! ハーフから中腰になると蹴り上げ狙うケレムアイリの両足を束ねる。  ケージまで這う半身のケレムアイリに下の右手を掴み後ろ手に対角でキャッチ。腕を抜くケレムアイリはハーフに。パウンドを入れるも左で差して立ち上がるケレムアイリ。小手に巻いて投げようとする風間に残すケレムアイリがサウスポー構えになって左右。左インロー。 「下で組め。上は結構対応してくるから」という大沢ケンジ代表。  2R、左インローから入るケレムアイリ。さらに左ミドル。右フックを当てて詰める風間。右足を掴んでシングルレッグへ。切るケレムアイリに右手をツーオンで持つ風間。腰を引いて防御のケレムアイリ。突き放すと、なおも詰める風間は四つに。左ヒザを突くケレムアイリは離れるが、すぐに間合いを詰める風間。  右で差して左ヒジを狙う風間は、首を抱えるが、そこを足を掴み詰めてテイクダウンはケレムアイリ! しかし下の風間は腕を掴んで巴投げでスイープし立ち上がり。なおも右で小手巻き、出足払いでテイクダウン! ハーフのケレムアイリを押さえこむ。  3R、打撃戦を望むケレムアイリに、風間は引き込み足関節から後転狙い。後ろを見せながらも足を抜くケレムアイリ。右を当てて前に出る風間! ヒザ着きボディロックテイクダウンの風間にすぐに上を取り返すケレムアイリ。風間は潜りからディープハーフ、トラックポジョンからバックテイク! 中腰まで立つケレムアイリ。スタンドバックの風間に前転してスクランブで立ち上になるケレムアイリ。風間は両脇を持ち上げ両足で浮かせるが、ここは残すケレムアイリ。  ディープハーフから左足を手繰る風間。足関節狙いに後ろを向いて足を抜き、上のケレムアイリをスイープしてバックを奪う風間。またもケレムアイリは前転のスクランブルで上を取ろうとしたところでブザー。  試合直後にケレムアイリは握手を求めたが、風間は握手を拒否。この態度にケレムアイリは背を向けた風間の尻に軽く蹴り。レフェリーにたしなめられた。  判定は3-0(30-27×2, 29-28)で風間が勝利。ここで風間はケレムアイリに握手を求めた。(※試合後、風間は延長ラウンドがあると勘違いして、最初の握手を拒否したことを明かしている)  試合後、風間はケージの中で、気持ちを問われ、「全然、嬉しくないですね。フィニッシュが目標だったので、もう1Rやっても良かったかなと。(相手の防御に)ビックリはしなかったけど、防ぐ能力が自分のフィニッシュ力より高かったと思います。1R目から正直、フィニッシュできると思っていましたが、2、3Rと重ねるうちに自分の決定力が削られました。次に改善したいと思います」と、勝利にも笑顔を見せずに語った。  風間はトーナメント準決勝へ進出。10日に行われる中村倫也vs.ググン・グスマンの勝者を待つ。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇チェ・ソングク(韓国)126lbs/57.15kg[判定3-0] ※30-27×3×ラマ・スパンディ(インドネシア)125lbs/56.70kg  堀内佑馬が参戦のフライ級。ソングクは、師匠ジョン・チャンソンと同じクランベリーズの「Zombie」で入場する。  1R、先にジャブ&ローで圧力をかけるソングク。サウスポー構えのスパンディは金網を背にする。右ミドルを当てるソングク。右インローも。左オーバーハンドを当てるスパンディ。ソングクの右ローにシングルレッグはスパンディ。しかし差し上げるソングクは両脇差して離れる。  スパンディはワンツーの左ストレートをヒット! ソングクは右インローで立て直すと、中央に来いとマットを指す。右ストレートを当てたソングクは右インローも当てて前に。スパンディは左ストレートを見せてダブルレッグテイクダウンもブザー。  2R、右の上下の蹴りで前に出るソングク。スパンディは遠間からダブルレッグも切るソングク。なおも足を取りに行くが、切られて下に。クローズドガードで背中を着けるスパンディ。ソングクは片足をパスしてパウンド。足を戻すスパンディだが、背中を着けたまま。ソングクはインサイドから鉄槌を突く。  3R、先に詰めるスパンディ。しかしソングクも押し返すと前足を触るフェイント。逆にスパンディがシングルレッグへ。切るソングク。スパンディはなおも低いシングルレッグに入るが、ソングクは回転して切ってバックを伺うと、スパンディはガードに。右で差して立ち上がるスパンディは前進。ワンツーの右をアゴで受けるソングク。スパンディはダブルレッグに入るががぶるソングク。金網背にスパンディはスイッチからシングルレッグへ。しかし、ソングクが切って、ブザー。判定は3-0(30-27×3)でソングクが勝利した。 [nextpage] ▼非トーナメント戦 ライトヘビー級 5分3R〇ジャン・ミンヤン(中国)206lbs/93.44kg[1R 3分57秒 TKO]×トゥコ・トコス(英国)206lbs/93.44kg  1R、ともにオーソドックス構え。先にワンツーの右を振るサンフォードMMAのトコスに、ミンヤンもカウンターの右をヒット! 左で差して前に出るが、体を入れ替え、シングルレッグで尻餅を着かせるが、立つミンヤン。突き放して左ボディ、右ストレート! 右ロー、右バックフィストも放つと、鼻血のトコスは金網背に。  左縦ヒジで起こしむミンヤンは左のカウンターから右フックでダウンを奪うと、失神したトコスにパウンドラッシュ。レフェリーが遅めのストップに入った。 【中止】▼バンタム級 5分3Rキム・ミンウ(韓国)シャオ・ロン(中国)※シャオロンが欠場のため
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア