EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
ムエタイ
レポート

【BOM】石井一成と吉成名高がKOの共演、石井は「残りの格闘技人生に全てを懸けて挽回して格闘技を盛り上げていく」

2022/04/26 12:04
【BOM】石井一成と吉成名高がKOの共演、石井は「残りの格闘技人生に全てを懸けて挽回して格闘技を盛り上げていく」

強烈なローキックでダウンを奪ったイッセイ(石井一成=右) 撮影/安村発

BOMプロモーション「BOM WAVE08 -Get Over The COVID-19-」
2022年4月24日(日)大分・別府ビーコンプラザ

▼メインイベント(第12試合) 56.0kg契約 3分3R延長1R
〇イッセイ・ウォーワンチャイ(=石井一成/ウォーワンチャイプロモーション)
KO 2R 0分54秒 ※左フック
×クン・ナムイサン・ショウブカイ(タイ/尚武会)


 当初、イッセイはクンスック・ソーデッチャパンと対戦予定だったが、空港検疫でクンスックは新型コロナウイルスの陽性者と判明したため欠場し、クン・ナムイサンが代替出場することに。クン・ナムイサンは昨年12月のBOMで吉成名高と-55.35kg契約で対戦し、吉成の攻撃を最後まで耐えきったタフな元MAX MUAYTHAI 55kg王者。イッセイは今年1月のKNOCK OUTで花岡竜に判定負けを喫しており、再起なるか。


 1Rからイッセイは左右のローを飛ばしていき、随所で左ボディブローを決める。クン・ナムイサンは左ミドルを返していくが、イッセイの右ローで徐々にダメージを負う。1R終盤にイッセイが左フックを当てて右ローでダウンを奪う。立ち上がったクン・ナムイサンに、終了のゴングと同時にイッセイが左フックを放ちダウンを奪ったがこれはノーダウン。


 2Rもイッセイが右ローを効かせて前進。クン・ナムイサンも前に出るが、イッセイは一気に勝負に出て右ロー、右ストレート、左フックを浴びせるとクン・ナムイサンはバッタリ前に倒れて立ち上がることができず。


 豪快KOで勝利したイッセイは涙を浮かべながら「格闘技人生17~18年間、大きな壁にぶち当たっていました。今日はどうしても言いたかったことがあります。残りの格闘技人生に全てを懸けて挽回して格闘技を盛り上げていきます」とマイクアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント