EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【DEEP】木戸脇広樹が多湖力翔から勝利を収め、本戦への参戦をアピール

2021/07/26 18:07



▼第2試合 DEEPフライ級 5分2R
〇今井健斗(マーシャルアーツクラブ中津川)
[判定3-0] ※20-19、20-18、19-19(マスト:今井)
×オサモ リチャードソン(グラップリングシュートボクサーズ) 

 アグレッシブな試合をするオサモと、アマチュアで着実に実績を積んできた今井の顔合わせ。


 1R、オサモは右ストレート。今井も右を返し、ローを蹴り合う。ローを空振りした今井に対して、オサモは組み付いてテイクダウンを狙うが、今井が返して上になる。抑え込んでいた今井だが、オサモがスイープに成功。今井もスイープで返し、スタンドで再開。今井は右ストレートで攻める。右フックが入るとオサモが下がる。今井はプレッシャーをかけて前へ。オサモは、パンチからローで反撃。スタンドの攻防から組み付いた今井が、抱え投げてテイクダウンに成功。上から攻めたところで、ラウンド終了。


 2R、試合が始まると笑い合う両者。右フックで入るオサモ。打撃を外すと、ダブルレッグでテイクダウンに成功する今井。クローズドガードのオサモ。今井は上から脇腹をコツコツと殴る。オサモがギロチンを狙ったところで、膠着ブレークとなった。スタンドになると、打ち合いが続く。オサモは横に組み付くが、胴体で倒れ込み、今井がガードポジション。三角絞めを狙うが、これは外れてしまいスタンドへ。すぐに今井が飛びつき腕十字を狙うが、これもオサモがしのぐと、勝負は判定へ。3-0で今井が勝者となった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント