EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【DEEP】木戸脇広樹が多湖力翔から勝利を収め、本戦への参戦をアピール

2021/07/26 18:07



▼第3試合 DEEPフェザー級 5分2R
〇銀・グラップリングシュートボクサーズジム(GSB MACS)※原銀治から改名
[判定3-0] ※19-19×3(マスト:銀)
×加藤優也(ZOOMER) 

 原銀治から改名した銀グラップリングシュートボクサーズジムが、加藤優也と激突。


 1R、銀はローキック。互いにカーフキック。加藤は右フック。加藤はカーフキックに続き飛びヒザ蹴りを狙ったところで、銀が組み付いてテイクダウンに成功。銀がヒールを狙うと、加藤は回って外して上からパウンド。銀はクローズドガード。加藤は、パウンド攻撃。銀がギロチンを狙うが、加藤は鉄槌を落として逃げる。残り30秒で、スタンド勝負。銀がカーフを蹴ったところで、ラウンド終了。


 2R、カーフの蹴り合い。外、内と前足を蹴り合う。立ち技は互角か。打ち合う両者。ダブルレッグからテイクダウンに成功する銀。ハーフガードの加藤。銀はパウンド攻撃からパスに成功してマウントへ。すかさず加藤がスイープに成功して、一進一退の攻防となる。今度は銀がスイープして、上へ。ハーフガードの加藤。パスガードに成功した銀に対して、加藤がスイープで返す展開となる。最後は銀が腕十字を狙ったところで、試合終了。判定3-0で銀が加藤を下した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント