MMA
レポート

【DEEP】木戸脇広樹が多湖力翔から勝利を収め、本戦への参戦をアピール

2021/07/26 18:07
【DEEP】木戸脇広樹が多湖力翔から勝利を収め、本戦への参戦をアピール

木戸脇(左)の強烈な左フックがクリーンヒットした(C)DEEP NAGOYA

GSBグラップリングシュートボクサーズ/スプラッシュ「DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト」
2021年7月25日(日)愛知・ホテルプラザ勝川

▼第7試合 メインイベント ストロー級 5分2R
〇木戸脇広樹(GSB MACS)
[判定3-0] ※20-18、20-19、20-19
×多湖力翔(=たご・りきと/ネックスイチムエ)

 メインイベントは、前回のDEEP名古屋大会で河合歩夢を肩固めで下した木戸脇と、同じく同大会でA-KILLERからマウントパンチのTKO勝ちを収めた多湖が務めた。木戸脇は本戦に乗り込むため、多湖は巻き返すためにも互いに負けられない一戦となった。

 1R、木戸脇はミドルキック。多湖はローで返す。シングルレッグで入る木戸脇は、テイクダウンに成功する。サイドに回る木戸脇だが、ここは多湖が逃げる。スタンドの打撃から組み付く多湖。上からがぶる状態でスピニングチョークを狙う木戸脇。ここも、多湖に逃げられる。多湖はコーナーに押し込む展開へ持ち込むが、離れると木戸脇の左右のフックを軽く被弾。さらにふたりは、蹴り、パンチと互角の攻防が続く。

 2R、左フックで倒れる多湖。上から追撃を狙う木戸脇だが、ここは多湖がガードで逃げる。スタンドから再開となり、木戸脇が蹴り、フックをヒットさせる。打撃のヒット数は、木戸脇の方が上か。ロープに押し込んでテイクダウンに成功した木戸脇だが、打撃を狙う。パウンドからフロントチョーク、さらにバックに回った木戸脇がチョークを狙ったところで判定へ。最後まで攻め続けた木戸脇が、3-0で勝者となった。


 マイクを握った木戸脇は、「いつもはタックルにガンガン入るんですが、初めてのメインなので打ち合っちゃいました。楽しかったですか? 一本を極めたかったんですが勝ったんで、本戦に呼んでください。東京でも大阪でも行くんで」とアピールして幕を閉じた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント