SirikaSirika
キックボクシング
レポート

【RISE】大崎一貴が一航の蹴りに苦戦も勝利もぎ取る、“門番”風音がHIROYUKIをダウンさせて撃退、良星がカーフキックでダウンを奪って再起戦に勝利

2021/02/23 19:02

▼第3試合 フェザー級(-57.5kg) 3分3R
×周葉(TARGET SHIBUYA)
KO 1R 1分52秒 ※左ハイキック
〇都筑海杜(キックボクシングジム3K/and lab/第20回、21回オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦優勝)


 周葉は26歳でプロデビューし、戦績は1勝(1KO)1敗。今回が1年3カ月ぶりの3戦目となる。都筑はK-1やKrushで活躍する近藤三兄弟(大成・拳成・魁成)のジム3KからRISEに初参戦。戦績は1戦1勝。


 1R開始と同時に放った周葉の右ローがサウスポーの都筑のローブローに。いきなりの中断。再開後、左ストレート、ワンツーからつかんでのヒザ蹴りとスピードのある攻撃を見せる都筑。今度は都筑の左ローがローブローとなり、試合中断。


 再開直後、都筑の左ハイキックが鮮やかにクリーンヒット。バッタリ倒れた周葉は一直線に身体が伸び、そのまま担架で運ばれた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事