ONEONE
キックボクシング
レポート

【RISE】大崎一貴が一航の蹴りに苦戦も勝利もぎ取る、“門番”風音がHIROYUKIをダウンさせて撃退、良星がカーフキックでダウンを奪って再起戦に勝利

2021/02/23 19:02
【RISE】大崎一貴が一航の蹴りに苦戦も勝利もぎ取る、“門番”風音がHIROYUKIをダウンさせて撃退、良星がカーフキックでダウンを奪って再起戦に勝利

左ボディで攻める大崎の左肩と左脇は一航の右ミドルで真っ赤に 撮影/安村発

RISE146
2021年2月23日(火)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合)Super fight!スーパーフライ級(-53kg) 3分3R延長1R
〇大崎一貴(OISHI GYM/第2代RISEスーパーフライ級王者、初代WMC日本フライ級王者、LPNJフライ級王者)
判定2-0 ※29-28、29-29、30-28
×一航(新興ムエタイジム/WBCムエタイ日本統一バンタム級王者、NJKFバンタム級王者、WMCムエタイ日本バンタム級王者)


 大崎はタイ・ルンピニースタジアムで8連続KO勝利を飾り、同スタジアム王座に挑戦したこともある。2018年には「KING OF KNOCK OUT初代フライ級(51kg)王座決定トーナメント」で準優勝。RISEには2020年2月に初参戦し、9月に田丸辰を破って王座を奪取。11月にはメインイベントでSB日本バンタム級王者・川上叶と王者対決を行い、勝利を収めている。今回はそれに続いての王者対決となった。現在4連勝中で戦績は32勝(17KO)5敗2分1無効試合。


 対する一航は2019年4月の『BOM』でWMC日本バンタム級王座、11月の『NJKF』でNJKF同級王座を獲得して高校生二冠王者を達成すると、2020年9月にはINNOVATION三階級王者の岩浪悠弥とWBCムエタイ日本統一王座を懸けて対戦。チェアマン判定で王座を獲得して三冠王となった。普段はムエタイスタイルで戦うだけに、RISEルールにどこまで適応できるかがカギとなる。パンチとヒジ打ち(RISEルールでは禁止)が得意。


 1R、大崎はガードを固めて前に出ると左ボディと右ロー。一航は左ミドルを蹴るが、大崎は独特のリズムで入り込むと左ボディを打ち、ショートの左右フック連打をまとめ、右アッパーも打つ。終盤は一航も左ボディを打ち、右ミドルを蹴る。


 2R、大崎は上から振り下ろすような右フックと右カーフキック。一航も左ボディを打ち返して右ミドルを蹴る。巧みに距離を詰めてパンチの距離にする大崎は連打をまとめ、その中で強い右ストレートを放って一航をグラつかせる。一航はコーナーに追い込まれてこのラウンドを凌いだ。


 3R、一航は左ミドルを蹴るが大崎がどんどん間合いを詰めてパンチを打ち込む。一航も打ち合うが大崎は右カーフキック。一航がパンチの連打とヒザ蹴り、大崎の左肩と脇は一航の右ミドルで真っ赤に内出血。それでも大崎は攻撃の手を休めず接近戦で左ボディ、左フックを打つ。一航も細かくパンチを出して蹴りに繋げ、両者手を出し合う中で試合終了。


 判定3-0で大崎がRISE王者の意地を見せた。大崎はマイクを持つと「今日はKOとかダウンが多くて、僕がメインでしっかり締めないといけなかったんですが、一航選手は気持ちも身体も強くて、今までやって来た中で蹴りが一番強かったです。今年は53kgトーナメントに出られるようにしっかり練習してしっかり勝ちを積み重ねて、今年は僕が53kgトーナメントで優勝して僕がベルトを獲ります」と、53kg最強の座は渡さないと宣言した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事