SirikaSirika
キックボクシング
レポート

【RISE】大崎一貴が一航の蹴りに苦戦も勝利もぎ取る、“門番”風音がHIROYUKIをダウンさせて撃退、良星がカーフキックでダウンを奪って再起戦に勝利

2021/02/23 19:02

▼セミファイナル(第7試合)スーパーフライ級(-53kg)3分3R延長1R
×HIROYUKI(RIKIX/元新日本キックボクシング協会バンタム級&フライ級王者)
判定0-3 ※28-29、28-30、28-30
〇風音(TEAM TEPPEN/同級4位)


 HIROYUKIは目の良さと身体能力の高さを活かし、打たせずに打つ試合が持ち味。時折、派手な蹴り技も見せる。新日本キックボクシング協会の第6代日本フライ級王者&第12代日本バンタム級王者で、近年では他団体選手との試合を望んで実現させてきた。2020年8月の『ジャパンキックボクシング協会』ではジャパンキック フライ級王者・石川直樹にカーフキックでKO勝ち。10月の『NO KICK NO LIFE』では花岡竜と引き分け、2021年1月の『JAPAN KICKBOXING INNOVATION 認定 第7回岡山ジム主催興行』ではMASAKINGを右ストレートでKOに仕留めている。


 対する風音は、プロキャリア前半は関西を中心に活躍し、2019年3月にTEAM TEPPENに移籍。同年9月には元新日本キックボクシング協会フライ級王者の麗也からTKO勝利、11月には元NJKFフライ級王者の松谷桐に判定勝利を収め5連勝をマークしていたが、昨年2月の大崎一貴戦で2度のダウンを奪われ連勝がストップ。今回が1年ぶりの試合でまたしても他団体王者を迎えることになった。


 1R、HIROYUKIは右カーフキックも交えながら前蹴り、右ミドル、右ハイと蹴りを放っていく。風音はパンチのコンビネーションを繰り出し、HIROYUKIが打ってくると打ち合いを挑む。右ミドルの蹴り合い、ワンツーの打ち合いがあって初回終了。


 2R、風音が打ってくるところへ右ストレートのカウンターから左フックを決めるHIROYUKI。ヒットしなかったが、パンチのカウンターに危険な顔面ヒザ蹴りも。風音はワンツーのラッシュで攻め込み、大半をブロックされるもHIROYUKIの右ストレートに右ストレートのカウンターでダウンを奪う。HIROYUKIがダウンを取り戻そうとここからは一気に打ち合い。


 3R、HIROYUKIが左フックをヒット。風音はヒザ蹴りで反撃。左フックの相打ち、両者とも打ち合いながら相手のパンチへのカウンターを狙う。右ストレート、左フックが危険な交錯。打ち合いを仕掛けていく風音にHIROYUKIも応える。両者パンチをもらい、危ない場面はあるが打ち返す。


 最後まで打ち合った一戦は、判定3-0でダウンを奪った風音が勝利した。


 風音はマイクを持つと「判定やったんですけれど、勝つ瞬間は待ちに待ったというか。勝つ瞬間を早く味わいたかったんですよ。感謝しかないです。その感謝を返せるのは戦って勝つことでしかできないので、それで返させてもらいます。トーナメントも出たいし、ベルトにも絡ませて欲しい。そこまで僕はのし上がる」と、再スタートを切った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事