MMA
レポート

【ONE】元K-1王者グレゴリアンがダウン奪われるも逆転KO勝ち、ゲイリー・トノンが松嶋に判定勝ち、サワーが判定勝ち、マスンヤネが鮮烈KO勝ち

2020/12/04 21:12
【ONE】元K-1王者グレゴリアンがダウン奪われるも逆転KO勝ち、ゲイリー・トノンが松嶋に判定勝ち、サワーが判定勝ち、マスンヤネが鮮烈KO勝ち

(C)ONE Championship

▼第7試合 ONEキックボクシング フェザー級 3分3R
〇マラット・グレゴリアン(アルメニア/ベルギー)
[2R KO]
×イヴァン・コンドラチェフ(ロシア)


 ONEキックボクシング・フェザー級では、マラット・グレゴリアン(アルメニア/ベルギー)vs.イヴァン・コンドラチェフ(ロシア)も行われる。コンドラチェフは2019年ロシア75kg王者。


 グレゴリアンは、2015年のK-1 WORLD GP -70kg王者。1回戦で山崎陽一、準決勝で牧平圭太、決勝でジョーダン・ピケオーにKO勝ちと、3試合連続KO勝ちで優勝を果たしている。2018年2月には、Kunlun Fight 69 - World MAX 2017の準決勝でジニアス・ズエフに判定勝ち、決勝でスーパーボーン・バンチャメークにKO勝ちして優勝した。そして、2019年5月「Glory 65」において、シッティチャイ・シッソンピーノンと5度目の対戦。グレゴリアンが判定勝ちでライト級王座を獲得している。ONEには今回が初参戦。


 第2代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者チンギス・アラゾフはONEフェザー級世界グランプリ王者のジョルジオ・ペトロシアン(イタリア/アルメニア)に敗れており、ONEの舞台で初代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者グレゴリアンvsペトロシアンが実現するかどうかも注目される。


 1R、サウスポーのコンドラチェフは顔面ガードを固めるグレゴリアンのボディを連打。グレゴリアンはまずはローを蹴っていく。強烈な右ローをコンドラチェフの奥足に叩き込むグレゴリアン。コンドラチェフは鋭いジャブと左右のボディ。1分を過ぎるとグレゴリアンが前へ出る。ガードを叩かせての左右フックを放つグレゴリアン。ラウンド終了間際、グレゴリアンの右フックにコンドラチェフがカウンターの右フックを合わせてダウンを奪う。


 2R、前に出るグレゴリアンは右ローを狙い撃ち。コンドラチェフはジャブを出して距離を取ろうとし、右のストレートをカウンターで入れる。左右フック、左ボディで攻めるグレゴリアンは右ミドルも蹴る。どんどん距離を詰めるグレゴリアンは左ボディの一撃。コンドラチェフの身体がくの字となり、ダウン。そのまま立ち上がることができず、グレゴリアンの逆転KO勝ちとなった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント