AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【KNOCK OUT】無法島GP優勝はシュートボクサー西岡蓮太、ぱんちゃんが祥子をローキックで返り討ち

2020/02/11 23:02
【KNOCK OUT】無法島GP優勝はシュートボクサー西岡蓮太、ぱんちゃんが祥子をローキックで返り討ち

撮影/安村 発

「テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1」
2020年2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館

▼メインイベント(第15試合)無法島GRANDPRIX決勝戦 64kg契約 BLACKルール 3分3R・延長1R
×バズーカ巧樹(菅原道場/MA日本キックボクシング連盟スーパーライト級王者)
判定0-3 ※29-30、29-28×2
〇西岡蓮太(龍生塾/シュートボクシング日本ライト級王者)
※西岡がトーナメント優勝。


 7時間以上にわたるロングラン興行の最後を締めくくるのは、優勝賞金200万円と初代KNOCK OUT64kg契約BLACKルール王座を懸けた「無法島GP」トーナメント決勝戦。勝ち上がってきたのはバズーカと西岡だ。


 1R、西岡がいきなり放った左ハイがヒット。一瞬アツくなったバズーカだが、すぐに冷静さを取り戻して距離を保っての左右ロー。ダメージの見える西岡の足を狙う。西岡は打ち合いを仕掛け、両者の左右フックが寸前のところで空を切る打ち合いが見られた。


 2R、西岡が身体ごと叩きつけるようなワンツー。その後、両者のワンツーがたびたび交錯する打ち合いが見られる。お互いに決定打はないが、やや西岡のヒットが目立ったか。


 3R、西岡がワンツーをヒットさせると、2Rと同じような打ち合いに。両者かなり大きい振りのパンチだが、西岡の左フックが当たり始める。それが繰り返される中、西岡の虚をつく左ハイでバズーカはダウン寸前に。バズーカは逆転を狙ってパンチを放つが、足元がおぼつかず転倒を繰り返す。

 判定3-0で西岡が勝利。見事、無法島GPを制した。西岡はマイクを持つと「みんなやっぱり優勝する気満々の人が多くてKOが少なかったですけれど、その気持ちが僕を奮い立たせてくれてこのベルトを巻くことが出来たと思います。皆さん、気を付けて帰ってください。シュートボクサー西岡蓮太でした」と、他の7選手の気持ちが自分にも伝わって力になったと話した。

▼セミメイン(第14試合)70.0kg契約 BLACK(ヒジ打ちなし)ルール 3分3R+延長1R
〇日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
判定3-0 ※29-28×3
×ダニエル・マーシャル(オーストラリア/Muay U/WKBFオーストラリア王者)


 8月のKNOCK OUTで元プロボクシングOPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者ジョムトーン・チュワタナ(タイ)に敗れた日菜太だが、11月大会ではラーシーシン・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)を撃破。


 ジョムトーンとの再戦を目指す日菜太が今回対戦するマシーシャルはWKBFオーストラリア王者で、戦績は13勝(5KO)7敗。ムエタイスタイルでディフェンスが固く、フェイントを多用して左右ミドル&ローを蹴って来るタイプ。一発の怖さはないが上手いタイプのようだ。日菜太とのミドルの蹴り合いも辞さなそう。


 1R、日菜太の左ミドルにマーシャルは右ミドル&ローで対抗。日菜太はワンツーでも攻めてマーシャルにロープを背負わせたまま。マーシャルの右ミドルを腕でブロックしながらもバランスを崩す日菜太。左ローを返し、左ボディストレートで反撃する。しかし、日菜太の奥足へのローキックで度重なるローブローがあり、日菜太にはレッドカード(減点)が提示された。


 2R、日菜太は左ストレートから左ミドルで攻めるが、左ローを蹴るとまたもローブローでマーシャルは座り込む。再開後、スピードのある右ストレートと右ミドルで攻めるマーシャルに日菜太は軸足蹴りを連発。そして左インローを集中させる。


 3R、左インローを連発する日菜太は、マーシャルが右ミドルを蹴ると軸足蹴りも。さらに左ストレートを放つ。しかしマーシャルもタフだ。足を真っ赤に染めながらも右を蹴り返して右ストレートも放つ。日菜太がコーナーへ詰めての左ストレートをヒットさせて試合終了。

 減点がなければ完勝だった日菜太。しかし、スッキリしない結末にその表情に笑顔はなかった。

▼第13試合 株式会社H・Tハウジング Presents 61.5㎏契約 REDルール 3分5R
×良太郎(池袋BLUE DOG GYM/REBELS-MUAYTHAIライト級王者)
判定0-3 ※47-50、49-47、50-46
〇スアレック・ルークカムイ(スタージス新宿/REBELS-MUAYTHAIライト級暫定王者)


 1R、序盤は様子見となったが、残り1分になると良太郎がパンチ連打からのヒジ打ちで仕掛ける。スアレックもボディへの右ストレート、右フック強打、左フックからの右ロー。


 2Rはショートの距離でのパンチとヒジの打ち合いが多くなり、必然的に首相撲の展開に。ここではスアレックがヒザを突き上げる。さらにスアレックが右フック。


 3R、良太郎が右ストレートからのヒザ蹴りで攻めれば、スアレックは左右フックを打ち返す。ガードを固めて前へ出る良太郎にパンチとヒジを打つスアレックだが、ヒットを奪えずボディへパンチを打つ。良太郎も右を返すがスアレックのパンチのヒット数が優った。


 4Rは組みの展開が続く。両者組んでのヒザ蹴り。スアレックは2度良太郎を投げたが、良太郎はすぐに立ち上がって向かっていく。


 5R、良太郎は細かいパンチを放って前へ出るが、スアレックに巧みにコカされてしまう。かみ合わない一戦はスアレックの大差判定勝ちという結果になった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事