キックボクシング
レポート

【新日本キック】緑川創が難敵ガムライペットを破り世界王座防衛、勝次は丹羽圭介との王者対決を接戦で制す、ぱんちゃん璃奈がプロ初のKO勝ちに大喜び

2019/12/08 22:12

▼第6試合 女子国際戦46kg契約 3分3R
〇ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/KNOCK OUT女子48kg級)
TKO 1R 2分20秒
×ペットチョンプー・モー.クルンテープトンブリー(タイ/泰国女子48kg級) 


 今年2月にプロデビューして、現在まで5連勝のぱんちゃん。「美女ファイター」として注目が集まるが、長い手足を活かして、得意の右ストレートやヒザ蹴り連打で「今回はKOしたい」と意気込む。対するペットチョンプーは前日計量で43kg。これまで46kg級で試合してきたが、この3kgアンダーは謎。


 1R、力強い右ミドルからパンチを当てるぱんちゃん。ペットチョンプーは口から出血してドクターチェック。飛び込んでの前蹴りからパンチ、ヒザでダウン。ペットチョンプーの出血がひどくなり、ドクターチェックで試合ストップ。プロ初のKO勝ちに飛び上がるぱんちゃん。場内の応援団からも大歓声が起こった。

▼第5試合(試合中止) 楠ジャイロ対サイード・ホセイン

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事