キックボクシング
レポート

【新日本キック】緑川創が難敵ガムライペットを破り世界王座防衛、勝次は丹羽圭介との王者対決を接戦で制す、ぱんちゃん璃奈がプロ初のKO勝ちに大喜び

2019/12/08 22:12
【新日本キック】緑川創が難敵ガムライペットを破り世界王座防衛、勝次は丹羽圭介との王者対決を接戦で制す、ぱんちゃん璃奈がプロ初のKO勝ちに大喜び

得意の左ボディブローを叩き込む緑川

新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING CLIMAX」
2019年12月8日(日)東京・後楽園ホール

▼第12試合 スペシャルメインイベント WKBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R
〇緑川 創(藤本ジム/同級王者)
判定2-0 ※48-48、49-48、49-48
×ガムライペット・アヨタヤーファイトジム(タイ/フランス2018コンフォータブル・フォー王者/挑戦者)
※緑川が初防衛に成功。


 4月にWKBA世界王座を奪取した緑川が初防衛戦に臨む。ムエタイ王座奪取を狙う緑川は今年6月、ラジャダムナン王座に挑んで奪取ならなかった。このWKBA王座はどうしても死守したいところだ。


 1R、オーソドックス同士。ガムライペットは左の蹴りから右ストレート。緑川は前進して蹴り。右ローをヒット。ガムライペットは左ローを返し、右フック。ここでガムライペットのファウルカップのヒモが切れたため、一度控え室に戻って装着。


 2R、緑川はロー、前蹴り。ガムライペットは左ミドル。ガムライペットの右ストレートに緑川も右フック。緑川は右ボディ、左フック。ガムライペットは飛び膝。さらにタテヒジ。緑川が追い、ガムライペットは下がりながら蹴りを合わせる展開が続く。ジャッジは三者とも10-10。


 3R、緑川が左ボディ。なおもパンチを狙うとガムライペットはカウンターのミドル。ガムライペットは飛び膝、ヒジを打ち下ろす。緑川が右ロー。ガムライペットはヒジ、ジャブ。緑川が詰めて右フック。ジャッジ1名10-9(ガムライペット)、10-10が2名。


 4R、緑川が飛び込んでヒジ。右ボディストレート。ガムライペットは右ロー。緑川が前へ出て、ガムライペットが下がりながら合わせる。同じ展開が続く。


 5R、ガムライペットのローブローとバッティングに対してレフェリーは減点1。緑川のボディにガムライペットは「効いてない」アピール。ガムライペットは右ストレートをヒットするが、緑川はダメージを見せない。緑川が詰めてボディ。ガムライペットは下がる一方の展開に。

 判定は2-0で緑川。緑川が苦しみながらもベルトを守った。 


 緑川はマイクを持つと「みなさん、ありがとうございました。実質、ドローなんでいい試合内容ができなくて申し訳ないです。結果的には中3週間で強豪に勝つということができました。来年からは自分のストーリーを作り上げていきたいと思います。藤本会長、今までありがとうございました。これからも藤本ジムで培った精神で頑張っていきますので、応援をよろしくお願いします。本日はありがとうございました」とこの日、会長職から引退した藤本ジム・藤本勲会長にメッセージを送り、2020年の飛躍を誓った。

▼第11試合 メインイベント 団体対決 63kg契約 ※ヒジ打ちなし 3分3R
〇勝次(藤本ジム/WKBA世界スーパーライト級王者) 
判定2-0 ※30-29、29-28、29-29
×丹羽圭介(TEAMニワールド/REBELS 63㎏級初代王者)


 10月にWKBA世界王座を獲得した勝次。今回はREBELS王者の丹羽と「ヒジなし」ルールという、丹羽の牙城での勝負となった。丹羽のセコンドにはTEAM TEPPENの那須川会長が付く。


 1R、開始ゴングと同時に走ってジャブを突き刺す勝次。よろける丹羽。勝次は右ロー、右ストレート、丹羽も得意の右ストレートを打ち込む。フェイントを掛け合い、緊迫した攻防が続く。


 2R、ジャブの差し合いから、丹羽が右ストレート。勝次もパンチを返す。丹羽はコーナーに詰めると得意の左右ストレート連打。勝次は力強い右ロー。勝次の左に丹羽は右ストレート。互いにパンチを効かせ合い、ダメージを負っている。


 3R、勝次は左フック。丹羽はパンチを当てて後ろ廻し。これを避ける勝次。勝次がパンチを効かせて詰めると、丹羽もパンチで押し返す。丹羽の左目が腫れておりドクターチェック。再開、勝次がパンチ連打も、丹羽も打ち返す。勝次は飛び膝。丹羽は得意の右ストレート。お互いに真っ向からの打ち合いで終了ゴング。場内から大きな拍手が起きた。


 判定は、3Rに大きなダメージを与えた勝次。マイクを持つと「僕は勝利を藤本会長に捧げたいと思い、頑張ってきました。50年以上、キックボクシングを引っ張っていただき、ありがとうございます! 僕たち選手一同、この火を消してはいけないと思っています。今までご指導、ありがとうございました。


 藤本会長からいつも言われるのは『ジャブ、ロー!』でした。ジムの大先輩、沢村忠さんのDVDを見たら、セコンドの藤本会長が『ジャブ、ロー!』と同じことを言っていました。会長、50年以上、熱いご指導をありがとうございました。丹羽選手もありがとうございました。熱い戦いができました!」と語り、「1、2、3、ハッピー!」で締めくくった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事