AbemaTVAbemaTV
空手
レポート

【新極真会】島本雄二が全試合本戦決着で世界2連覇達成、女子は20歳・南原朱里が涙の初優勝

2019/11/10 15:11

▼男子準々決勝第1試合
〇マシエ・マズール(ポーランド)
1分27秒 ※中段突き
×エヴェンタス・グザウスカス(リトアニア)


 場内には大きなマシエコール。接近戦で両者打ち合う中、マズールが右下段廻し蹴りから左下突きを叩き込むと、グザウスカスが腹を抑えてダウン。そのまま立ち上がることが出来ず、マズールの一本勝ちとなった。

▼男子準々決勝第2試合
〇ヴァレリー・ディミトロフ(ブルガリア)
判定5-0
×イリヤ・ヤコブレフ(カザフスタン)


 ヴァレリーは突いて下段、突いて下段カカト蹴りと攻め、ヤコブレフはその圧力に焦ったか押しで連続注意を受けて減点。判定5-0でヤコブレフの自爆を受けてヴァレリーが勝利した。

▼男子準々決勝第3試合
×落合光星(日本)
判定0-3
〇加藤大喜(日本)


 開始からすぐ、落合の蹴りが急所に入ってしまい加藤がダウン。再開後、加藤は前に来る落合の下段を蹴り、突きを打って離れる。加藤が先にラッシュを仕掛け、突きと膝蹴り、後ろ蹴り。判定3-0で加藤が今大会好調だった落合を破った。

▼男子準々決勝第4試合
×江口雄智(日本)
判定0-3
〇島本雄二(日本)


 島本が突きから右中段を蹴れば、江口も同じ技を返す。島本は冷静に江口の出足を狙って右下段、右下段カカト蹴り。右中段蹴りと前蹴り、さらに右下段、そして突きのラッシュで江口を下がらせる島本。試合終了間際に顔面殴打で注意を取られたが、判定3-0で島本が勝利を収めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事