AbemaTVAbemaTV
空手
レポート

【新極真会】島本雄二が全試合本戦決着で世界2連覇達成、女子は20歳・南原朱里が涙の初優勝

2019/11/10 15:11

▼男子準決勝第1試合
〇マシエ・マズール(ポーランド)
再延長 判定5-0
×ヴァレリー・ディミトロフ(ブルガリア)


 接近するヴァレリーはヴァレリーキックと下突き、マズールは左右の下段を内と外に蹴り分けて下突き。両者のコールが起こる中、マシエコールがどんどん大きくなる。本戦の判定は1(マズール)-0。

 延長戦でも両者は近い距離で突きと下段を交換する。ヴァレリーは左右のヴァレリーキック。マズールは膝蹴り。マズールは膝蹴りを連発し、中段廻し蹴りも出して下突きを打つ。ヴァレリーも打ち返して判定は1(マズール)-0。


 再延長戦、マズールはヴァレリーの前足へ下段廻し蹴りの集中砲火。ヴァレリーは外廻し蹴りでマズールの首を刈りに行く。突きと膝蹴りで前に出るヴァレリーにマズールが下がり始め、左上段廻し蹴りも放つヴァレリー。しかし、マズールは突きと膝蹴りを返し、判定は5-0でマズール。初の決勝進出を決めた。

▼男子準決勝第2試合
×加藤大喜(日本)
判定0-5
〇島本雄二(日本)


 島本は左下段廻し蹴りを狙いながら、右の中段廻し蹴り。突きから蹴りのコンビネーションが冴える島本に加藤は突きで応戦するが、矢継ぎ早に放たれる島本の攻撃スピードについていけない。終盤に加藤は後ろ廻し蹴りを繰り出すも不発。圧倒的な手数で攻め切った島本がまたも本戦で決着をつけて2大会連続の決勝進出を決めた。

▼女子準決勝第1試合
〇南原朱里(日本)
延長 判定4-0
×イリーナ・ワリエワ(ロシア)


 序盤から左右の突きと内股蹴りで前へ出る南原。身長で上回るワリエワは下突きと打ち下ろすような突き、そして膝を突きあげる。左右のストレートをフル回転させた南原優勢の判定2-0となったが、引き分け。


 延長戦、左下突きから後ろ廻し蹴りを放つ南原。突いて下がらない南原にワリエワは押してしまい注意1。左右のストレートを突きまくる南原にワリエワは上段膝蹴り、上段廻し蹴りを放つが、南原は防御してさらに突いていく。最後は両者ラッシュを仕掛け、判定4-0で南原が2大会連続の決勝進出を決めた。

▼女子準決勝第2試合
〇インガ・ミクスタイテ(リトアニア)
延長 判定4-0
×菊川結衣(日本)


 菊川は左右の下段を内と外に蹴り、さらに突きでどんどん前へ出ていく。ミクスタイテも打ち返して膝を蹴るが、菊川の前進は止まらず下がらされる。一度ブレイクとなり、出会い頭にミクスタイテのカカト落としが振り落とされる。判定は1(ミクスタイテ)-0で延長戦へ。


 菊川は左右の突きを叩きつけ、ミクスタイテも突きと下段を返す。胴廻し回転蹴りを度々放つミクスタイテ。菊川はかわすが印象は悪いか。。右中段廻し蹴りと左下段廻し蹴り、そして突きで前へ出ていく菊川だが、ミクスタイテは打ち返す。判定4-0でミクスタイテが決勝へコマを進めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事