AbemaTVAbemaTV
空手
レポート

【新極真会】島本雄二が全試合本戦決着で世界2連覇達成、女子は20歳・南原朱里が涙の初優勝

2019/11/10 15:11

▼女子準々決勝第1試合
〇南原朱里(日本)
判定3-0
×浅子麗美(日本)


 気合いの声を発しながら勢いよく左右の内股蹴りで攻めていくのは浅子。南原は左右の突きで応戦し、判定0-1(浅子)で引き分け。


 延長戦、左右の内股を蹴って突きで前へ出ようとする浅子を南原が突きで止める。左右の強烈なストレートと膝蹴りが入り、浅子の勢いが弱まる。突きでラッシュをかける南原と左右内股蹴りでラッシュする浅子。判定は1-1で再延長戦へ突入。

 左右のストレートを連打する南原に浅子は膝蹴りと左右の下段廻し蹴り。両者とも負けじと打ち合って一歩も退かないが、突きのインパクトが優ったか判定3-0で南原が辛勝した。

▼女子準々決勝第2試合
×加藤小也香(日本)
再延長 判定1-3
〇イリーナ・ワリエワ(ロシア)


 加藤は軽快なステップで動き回り、ワリエワの攻撃をかわしながら自分の蹴りを当てに行く。カウンターの膝蹴り、下段廻し蹴り、前蹴りが決まり、ワリエワの蹴りは空を切る。終盤、加藤は足を止めるとワリエワを中心に回り込みながらの突き。上手く戦っていたが、判定は2-0で引き分け。


 延長戦でも同じように戦いながら今度は上段への蹴りも放っていく加藤。突きながら前へ出るワリエワに加藤も突きで応戦するが、足が止まり下がらされている印象。判定は2-2で引き分けとなり、再延長戦へ。

 ワリエワはパワーのある突きを叩きつけ、加藤は前蹴りと膝蹴りで迎え撃つ。回り込みながら突いて下段を蹴る加藤に、ワリエワは突きと中段廻し蹴り。手数で勝ったワリエワが判定3-1で加藤を下した。

▼女子準々決勝第3試合
〇インガ・ミクスタイテ(リトアニア)
再延長 判定3-0
×イオアンナ・ベリフ(カザフスタン)


 両者突きと下段の応酬。本戦は0-1で引き分けとなり、延長戦へ。ベリフがパワフル突きで押していき、膝も突き上げる。ミクなスタイテは時折、胴廻し回転蹴りを放つが不発に終わる。判定は1-0で再延長戦へ。最後まで打ち合いを繰り広げた両者、最後はミクスタイテが判定3-0で勝利した。

▼女子準々決勝第4試合
〇菊川結衣(日本)
再延長 判定5-0
×久保田千尋(日本)


 JFKO重量級王者の久保田と軽量級王者の菊川という対戦。菊川は真正面に立ち、打ち合い、蹴り合う。本戦は菊川の1-0で延長戦へ。延長戦でも一歩も下がらず、真正面から久保田と打ち合う菊川。久保田も強烈な左の突きを打ち下ろすが、菊川は左右の内股蹴りと膝蹴りで反撃。徐々に菊川の手数が減るが、判定は2-0で菊川リードのまま再延長戦。


 久保田は菊川の蹴りに合わせての突き、さらに内股蹴りと前へ出るが、菊川は一歩も下がらずその場で打ち合い、蹴り合う。勢いよく飛び込んで打ち合いに出る菊川がラッシュを仕掛け、久保田もラッシュ。判定は5-0で菊川が小よく大を制した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事