キックボクシング
レポート

【RISE】那須川天心が世界トーナメント制覇、試合後に「待ってます」。白鳥大珠は梅野源治を初回KOして優勝

2019/09/16 15:09

▼第8試合 RISE WORLD SERIES -59kg 3分3R延長1R
〇スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ/PKセンチャイムエタイジム/ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者)
KO 1R2分30秒 ※左ミドル
×ニキータ・サプン(ウクライナ/Octagon Kiev/2013年ヨーロッパテコンドー選手権王者、2016年テコンドー選手権ウクライナ大会銀メダル)


 スアキムは2019年7月大阪大会でのWORLD SERIES準決勝で那須川天心の胴回し回転蹴りにより額をカットし2R TKO負けを喫したが、怪我も完治し、今回、ワンマッチでサプンと対戦する。


 サプンは2016年12月29日のRIZINで那須川天心とMMAで対戦。テコンドーヨーロッパ王者の打撃に加え得意の腕十字でMMAデビュー戦の那須川をタップ寸前まで追い込んだファイター。


 1R、サプンは左右に構えを変えながら回転しての蹴りを見せていく。スアキムが下がるサプンを追いかけて左ミドルキックを蹴ると、サプンはしゃがみ込んでダウン。そのまま立ち上がることができず、スアキムの圧勝KOとなった。


 スアキムはマイクを向けられると「タイに勝利を持って帰ることができてとても嬉しいです。これからも試合を頑張っていくのでどうぞよろしくお願いします」と語った。

▼第7試合 RISE WORLD SERIES -58kg 3分3R延長1R 
×森本“狂犬”義久(日本/BRING IT ONパラエストラAKK/フェザー級2位)
判定0-3 28-29、30-28、30-27
〇タリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル/Champions Factory/SAIKYO GP優勝)


 森本は7月にONE初参戦を果たすも判定負け。再起戦の相手は、スアキムを2度ダウンさせKO寸前に追い込み、RIZINでは大雅をKOした猛打者フェレイラとなった。


 1R、ローの蹴り合いからスタート。フェレイラはローからパンチを狙って来る。森本が右ストレートを繰り出すとフェレイラはさっそく左右フックを振り回す。森本は右ストレートをボディにも打つ。


 2Rも森本はローを蹴っていく。フェレイラはパンチの数を増やし、ヒザを突き上げてからの右フックでダウン奪う。フェレイラは左右フックからのヒザ蹴り、森本は打ち合いに行って右ストレートをヒットさせる。終盤、フェレイラの飛びヒザ蹴りに森本は胴廻し回転蹴りを放って打ち合いに行くが、逆に右フックをもらってグラつく。


 3R、フェレイラの右飛び後ろ蹴りをボディにもらって森本は後退。一気に襲い掛かるフェレイラがヒザ蹴り、左ミドルを蹴る。森本はボディブロー、前蹴りでボディを攻め返すが、フェレイラのヒザをもらってしまう。しかし、森本が残り30秒でヒザをボディに突き上げると今度はフェレイラが後退。森本が右ストレートで逆転を狙ったがダウンの失点を取り戻すことができず、フェレイラの判定勝ちに終わった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント