キックボクシング
レポート

【ONE】アーセルが46秒KOでライト級ムエタイ王座戦防衛。ルオトロがランガカーに判定防衛、MMAフレイマノフが1Rフィニュシュ、スーパーボンがオズカンKOで「アラゾフにリベンジを」

2023/06/10 09:06

▼ONEバンタム級 MMA 5分3R
×アルテム・ベラー(ロシア)
[2R 3分57秒 TKO] ※パウンド

〇クォン・ウォンイル(韓国)

 テコンドーベースの韓国のウォンイルは、今成正和、松嶋こよみ、佐藤将光敗れた後にケビン・ベリンゴンにKO勝ちするなど3連勝。2022年6月に現王者ファブリシオ・アンドラージに3R TKO負けも、2022年11月の前戦でマーク・アベラルドにカウンターのヒザ蹴り、アッパーでTKO勝利、復活を遂げている。

 ロシアの柔術家ベラーは、MMA3連勝後の2022年10月にONEデビュー。レアンドロ・イッサに判定勝ちしている。

 1R、ともにオーソドックス構え。ウォンイルの右ミドルを掴んですぐにダブルレッグテイクダウンのベラーは立ち際にスタンドバック、4の字ロックでグラウンドに。座って凌ぐウォンイルに、背後からパンチ。

 外して正対して立つウォンイル。長い左右から左ボディ、右アッパーとテイクダウン狙いのベラーに下から突く。右から左、さらに左ミドルも当てる。

 2R、左ボディ、右アッパーのウォンイル。さらに左ボディを効かせるとベラーの身体はくの字に。さらに三日月蹴りも腹に突く。組みつきを切られるベラー。ウォンイルはヒジ、ヒザも当てて左ハイで前に。ベラーはウォンイルの前進にバック狙い、降りてスタンドバックもバックヒジを打って離れる。

 スタンドになり右ストレートでダウンを奪うウォンイル。ベラーは立とうとするがそこに右ヒザ! 再びダウンしたベラーに右ヒジを落としたところで、ハーブ・ディーンレフェリーが間に入った。

 5万ドルのボーナスを獲得したウォンイルは試合後、「俺がベストボクサーだ。プリティボーイは終わってない。タイトルショットを俺に。(アンドラージ?)来いよ!」と叫んだ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント