キックボクシング
レポート

【ONE】アーセルが46秒KOでライト級ムエタイ王座戦防衛。ルオトロがランガカーに判定防衛、MMAフレイマノフが1Rフィニュシュ、スーパーボンがオズカンKOで「アラゾフにリベンジを」

2023/06/10 09:06

▼ONEライト級 キックボクシング 3分3R
×ニキー・ホルツケン(オランダ)
[判定0-3]

〇アドリアン・サディコビッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

 1R、39歳・ホルツケンの体重超過でキャッチウェイト戦に。ともにオーソドックス構え。左ローから入るホルツケン。その蹴り足を掴んでのサディコビッチの左に注意。前手の左フック、左右ボディ、右ローと前に出るサディコビッチ。

 2R、いきなり二段跳びヒザで詰めるサディコビッチ。ガード固めて、跳びヒザを返すホルツケン。左前蹴りも、その打ち終わりにサディコビッチは左ジャブを当ててホルツケンのアゴを上げさせる。左右ボディ、左バックフィストを突くサディコビッチ。右ローはローブローに。再開。左ジャブを当てるサディコビッチ。ホルツケンは左前蹴り。サディコビッチは右アッパーを突き上げる。

 3R、ガード上から左右フックを叩くサディコビッチ。ホルツケンのヒザがローブローも再開。手数で勝るサディコビッチは後ろ廻し蹴りも。ともに右ローの打ち合いから右フックのサディコビッチに、ホルツケンも自身のターンでワンツーからローの対角線攻撃。

 互いに跳びヒザの後、左右で詰めるサディコビッチにヒザ、右アッパーはホルツケンもロープを背に回る。最後は左ボディ、右フックのサディコビッチがロープに詰めてゴング。

 判定は3-0でアグレッシブに前に出て手数を出した28歳のサディコビッチが勝利した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント