キックボクシング
レポート

【ONE】アーセルが46秒KOでライト級ムエタイ王座戦防衛。ルオトロがランガカーに判定防衛、MMAフレイマノフが1Rフィニュシュ、スーパーボンがオズカンKOで「アラゾフにリベンジを」

2023/06/10 09:06

▼ONEフェザー級 MMA 5分3R
〇イリヤ・フレイマノフ(ロシア)
[1R 2分18秒 リアネイキドチョーク]

×シネチャツガ・ゼルトセトセグ(モンゴル)

 フェザー級3位のフレイマノフと、ONE Warrior Series 3連勝から本戦で1勝1敗のゼルトセトセグが対戦。

 ロシアのフレイマノフは、2022年9月のONEデビュー戦でいきなりマーティン・ニューイェンに1R TKO勝ち。モンゴルのゼルトセトセグは、ONE初戦で55秒 KO勝も、2021年4月の前戦で中原由貴に2R グラウンドでの反則の蹴りで黒星となっている。

 1R、サウスポー構えからワンツーの左で詰めるゼルトセトセグは、左で先にダウンを奪うとパウンド! すぐに立ち上がったフレイマノフは右で小手に巻くが、左で差したゼルトセトセグがテイクダウン。しかしフレイマノフは腕十字へ。抜いて立つゼルトセトセグ。

 左を振ったゼルトセトセグを首相撲に捕まえてヒザ蹴りでダウンを奪うフレイマノフは、マウントからパウンド、ヒジ! たまらず後ろを向いたゼルトセトセグにバックマウントから身体を伸ばしてリアネイキドチョークを極めてタップを奪った。5万ドルボーナスを獲得したフレイマノフは「これはボーナスではなく、今後もケージでもリングでもみんなを楽しませるために」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント