シュートボクシング
レポート

【シュートボクシング】壮絶決着!山田虎矢太がKOで新王者に、延長3回の死闘を笠原弘希が豪快バックドロップで制してラムナムムーンレックを振り切る、笠原友希がテクニックで完勝、川上叶がムエタイに勝利

2023/02/12 18:02
【シュートボクシング】壮絶決着!山田虎矢太がKOで新王者に、延長3回の死闘を笠原弘希が豪快バックドロップで制してラムナムムーンレックを振り切る、笠原友希がテクニックで完勝、川上叶がムエタイに勝利

撮影/安村発(メイン)

SHOOT BOXING 2023 act.1
2023年2月12日(日)東京・後楽園ホール
※U-NEXTにてLIVE配信

▼第8試合 SB日本スーパーバンタム級タイトルマッチ 55.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
×植山征紀(龍生塾ファントム道場/王者)
KO 5R 1分49秒 ※左フック
○山田虎矢太(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級1位/挑戦者)
※山田が新王座に就く。植山は2度目の防衛に失敗。


 植山は27勝のうち14のKO勝ちを誇るハードパンチャー。2018年11月のSB日本スーパーバンタム級王座決定戦では当時無敗だった笠原友希を3R TKOで葬りベルトを獲得。SBだけでなく、RIZIN、RISEといった他団体のリングでもその強打者ぶりを爆発させてきた。2021年12月の初防衛戦では、タフな竹野元稀を3RKOで葬っている。今回は2度目の防衛戦。前戦は2022年12月、体重超過の減点もあり大﨑孔稀に判定で敗れ再起戦となる。


 挑戦者の山田ツインズの弟・虎矢太は前戦となった昨年12月の『RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022』ではRISEのスター候補選手、有井渚海と対戦すると下馬評を覆して2R KO勝ちを収め、大会一ともいえる強烈なインパクトを残した。現在、9戦9勝と無敗街道を驀進中。兄の彪太朗も昨年11月にフェザー級次期挑戦者決定トーナメントを制覇してタイトル挑戦権を獲得しており、弟が先にベルト獲得なるか。


 1R、まずはジャブとローの交換。フェイントをかけながら攻撃を繰り出すのは植山、山田はその攻撃にしっかり返していく。植山は右カーフを蹴り、左フック。木々ストレートも繰り出す。両者様子見のラウンドとなった。


 2R、植山が入ってくるところに左フックを合わせる山田。植山も山田の左ボディに左フックを合わせる。山田の右ローには右ストレート。植山の右フックをかわした山田が右フックを強打。右フックからの左フックで攻め込むのは植山だが山田のガードも堅い。ヒット数で山田が上回ったか。


 3R、山田の右ボディストレートに植山が左フック。さらに前へ出ての右フックを見舞うが、山田は組み付くと首投げ。これはシュートならず。右フックを2度空振りした山田が、バランスを崩したかに見せてバックハンドブローをヒットさせる。植山はバックに回ってリフトアップしてのバックドロップを放つが、山田が腹ばいの状態で投げられたため不十分と判断されシュートならず。立ち上がった植山は左目上から流血し、ドクターチェックを受ける。再開後、かなり流血がひどい植山へ山田はジャブ。


 4Rもジャブを突く山田。植山はアタックするがそこへ山田が右を合わせる。流血のため早く仕掛けたい植山はバックハンドブロー。山田はジャブを突き、植山が仕掛けてくるところへ左フックを合わせる。山田は徹底してジャブで誘い、植山がパンチを出すところへ右フックか左フックのカウンターを狙う。植山のワンツーがヒットすると山田も打ち合いに応じ、植山は“来い”とカモンゼスチャー。前へ出る大流血の植山が左右フックの連打。


 5Rも前に出るのは植山。山田にロープを背負わせて右フックを見舞う。組み付くとバックに回って投げを狙う植山に山田は腰を落として防ぐが、植山はバックチョーク。山田が逃げる。前へ出て左右フックを打つ植山に山田はジャブを突き続け、植山が打ち合いを仕掛けてきても乗らない。ステップワークで距離をとる山田がアウトボクシングに徹するのかと思われたが、山田はいきなり前へ出ての右フックから左フック。バッタリと倒れる植山は“やられた”という表情を浮かべ、身体を起こそうとするが起き上がれない。レフェリーが即、KOを宣し、山田の劇的なKO勝ちとなった。敗れた植山は立てず、担架で運ばれた。


 山田はマイクを持つと「植山選手は僕がプロデビューする前から王者としてこのベルトを保持していて他団体でも活躍していて、そんな強い王者に挑戦出来て心から感謝しています。SBを始めた頃から(弟の)虎太郎とSBを観に行っていて、王者という存在が輝いていて。ここまでやってこれたのも応援してくれる皆さんのおかげです。ずっと憧れていたベルトなので実感が沸かない、似合っているかどうか分からないですが(場内からはカッコいいぞなどの声)僕にしか似合わないと言われるような強い選手になっていくので、これからもよろしくお願いします」と王者として最初のスピーチをした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント