シュートボクシング
レポート

【シュートボクシング】壮絶決着!山田虎矢太がKOで新王者に、延長3回の死闘を笠原弘希が豪快バックドロップで制してラムナムムーンレックを振り切る、笠原友希がテクニックで完勝、川上叶がムエタイに勝利

2023/02/12 18:02

▼第6試合 61.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※30-29×2、30-28
×TAaaaCHAN(PCK連闘会/元INNOVATIONフェザー級王者)


 笠原は2019年6月に国内55kg級トップクラスの小笠原瑛作をヒジ打ちによるカットでTKOに破る大番狂わせを演じ、2020年7月に那須川天心の対戦相手に選ばれたが初回KO負け。再起戦では手塚翔太と大激闘の末、KO勝ちでSB日本フェザー級王座に就いた。2021年2月に『REBELS』の栗秋祥梧に完勝、4月にはRISEランカーでDEEP☆KICK 57.5kg王者の宮崎就斗に勝利、そして12月にスーパーフェザー級王座決定戦を制してSBで2階級制覇を達成した。


 2022年3月にはRIZINに初参戦し、豪快な飛びヒザ蹴りで初回TKO勝ち。6月の『THE MATCH 2022』ではKrush王者の中島千博から勝利を奪ったが、9月にRISEランカーの常陸飛雄馬にKO負けを喫した。12月は石月祐作に大差の判定勝ち。戦績は21勝(10KO)3敗のサウスポー。


 TAaaaCHANは聖域統一ライト級王座、聖域統一スーパーライト級王座、INNOVATIONフェザー級王座を獲得した三冠王。東北を拠点として活動しており、2022年5月のNJKF『DUEL.23』ではナカノ・ルークサラシットに3RでTKO勝ち。11月のKNOCK OUTではバズーカ巧樹に判定2-0で敗れるもバズーカを手こずらせた。

 1R、TAaaaCHANが右ミドルで先制し、笠原が左ミドルを蹴る。TAaaaCHANは笠原の一発に対し、必ずもらいっぱなしにはならず攻撃を返していく。TAaaaCHANの右オーバーハンドがヒットするも、笠原は冷静。


 2R、笠原の左ミドルに対して必ず右ローを返すTAaaaCHAN。ならばと笠原は右フックからの左ロー。この左ローを嫌がるTAaaaCHANに笠原の左ストレートも決まり、バランスを崩すTAaaaCHAN。TAaaaCHANは左ローにバックハンドブローを合わせて笠原をヒヤッとさせる。その後も左ローを狙う笠原にTAaaaCHANは蹴られないように前へ出てパンチを繰り出していった。



 3R、笠原は左ハイを意識させておいてのバックキックと左ボディ。TAaaaCHANは前へ出て左右フックを打っていくが、顔面前蹴りで大きく仰け反る。ジャブ、左ミドルとしっかり技を当てていく笠原に、TAaaaCHANは突進しての左右フックで勝負をかけるが笠原は左ハイ。さらに足払いでコカすなどテクニックを見せて笠原が判定勝ち。


 笠原はマイクを持つと「僕にあこがれて子供が付いてくるような選手になりたいので、小学生、手を上げて」と子供を呼び出すと、麦わら帽子をプレゼントした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント