MMA
レポート

【GRACHAN】極真世界王者・上田幹雄がMMA2戦目で12秒KO勝ち! 川中が逆転のヒザ十字! 無差別級Tは荒東とハシモトが決勝進出、フェザー級Tで小島が決勝進出。BreakingDownで活躍の黒井海成が所英男の弟子にTKO勝ち

2022/12/04 17:12
【GRACHAN】極真世界王者・上田幹雄がMMA2戦目で12秒KO勝ち! 川中が逆転のヒザ十字! 無差別級Tは荒東とハシモトが決勝進出、フェザー級Tで小島が決勝進出。BreakingDownで活躍の黒井海成が所英男の弟子にTKO勝ち

(C)GRACHAN

 2022年12月4日(日)、千葉・幕張メッセ国際展示10ホールにて『GRACHAN58』が開催された(※選手名から見どころ記事)。

 なお、大会中に、山田哲也のGRACHAN参戦、さらに2023年2月12日の東京ビッグサイト大会にて、GRACHANライト級王者・原口伸に小谷直之が挑戦することが発表された。

『GRACHAN58』速報

【LIVE 配信】GRACHAN 放送局

▼第16試合 GRACHANウェルター級 5分2R
〇川中孝浩(BRAVE/第3代GRANDウェルター王者)76.80㎏
[2R 1分30秒 ヒザ十字]
 
×渡辺良知(SILVER BACK HOUSE)77.0㎏

 1R、右で差して組む川中に四つから小外がけテイクダウンは渡辺。川中は下からダースチョーク狙いも首を抜く渡辺に、金網蹴って体勢変えて蹴り上げから立つ川中は、大きな左を振る。

 互いの左が交錯しバランス崩し下になる川中。渡辺の足を手繰り、ヒールフックを狙うが潰され、立ちを選択。ここでも渡辺は小外がけテイクダウン。しかし、下から川中はシングルレッグでレッスルアップ。テイクダウンを奪い、サイドバックからパウンドもゴング。

 2R、サウスポー構えから左ストレートを突く川中。しかし、渡辺が右を当てると、川中は後方にダウン! マットに音を立てて倒れる。

 すぐさまパウンドする渡辺だが、川中は足が効いておりガードに入れると、下から右足を手繰り、 外掛けでヒールフック狙いからヒザ十字に切り替え、逆転のタップを奪った。

 勝負あったかに見えたダウンから足関節で逆転勝ちした川中は、「渡辺選手とは4年前に戦って判定で負けました。再戦は絶対勝ってやるという気持ちがありましたが、危ない場面もあったんですけど、練習した技が決まって嬉しいです。まだまだ練習が足りないです。もっと練習して次はもっと強い僕を見せます」と語り、「ブラボー!」の大きな歓声を受けた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント