MMA
ニュース

【GRACHAN】伊藤空也の対戦相手が韓国のストライカーに変更、メインは川中孝浩と渡辺良知が3年半ぶりに再戦。無差別級6フェザー級トーナメント準決勝、RIZIN帰りのロクク・ダリ、上田幹雄も=12月4日(日)幕張

2022/11/28 12:11
 2022年12月4日(日)千葉市・幕張メッセ 国際展示10ホールにて開催される『GRACHAN58』の全カードと試合順が発表された。 ▼第15試合 GRACHANバンタム級 5分2R伊藤空也(BRAVE/第6代GRACHANバンタム級王者)イ・ハンヒョン(AWE/Crazy Gwang Gym)※キム・ヒョリョンは怪我のため欠場  コ・メインの第15試合バンタム級に出場する伊藤空也(BRAVE/第6代GRACHANバンタム級王者)の対戦相手が、当初のキム・ヒョリョンの怪我により、イ・ハンヒョン(AWE/Crazy Gwang Gym)に変更となった。  イ・ハンヒョンは、32歳のストライカー。ムエタイベースで176cmの長身から繰り出す打撃を武器とする。韓国の立技格闘技大会「MAX FC」でファーストリーグも含め、9戦9勝をマークし、MMAではセミプロながら5戦5勝の負け無しだという。  MAX FC時代にはオーソドックス相手には、サウスポー構えから、右前蹴り、左ミドル、左ストレートを突き、前蹴りからそのままスイッチしてオーソドックスでも戦っており、左の攻撃、ヒザ蹴りにも注意が必要だ。  MMA11勝8敗1分の伊藤は、2022年3月の「RIZIN LANDMARK Vol. 2」以来、9カ月ぶりの試合。前戦では魚井フルスイングの強打を完封しての判定勝ちも、「自分も打撃をカウンターで当てていく作戦だったけど、安全な試合をし過ぎちゃって、求められているものができなかったことが悔しい」と反省しきりだった。  今回は、緊急参戦のストライカーを相手にどんな試合を見せるか。 ▼第16試合 GRACHANウェルター級 5分2R川中孝浩(BRAVE/第3代GRANDウェルター王者)渡辺良知(SILVER BACK HOUSE)  試合順発表では、メインでGRACHANウェルター級(5分2R)で川中孝浩(BRAVE/第3代GRANDウェルター王者)と、渡辺良知(SILVER BACK HOUSE)が、2019年6月の「DEEP90」以来の再戦に臨む。  川中は、埼玉の強豪・花咲徳栄高で3年間レスリングに励み、大学の途中でプロのMMAファイターとなり、16勝8敗1NC。2021年11月の「RIZIN Trigger 1st」ではストラッサー起一の肩固めに一本負けも、2022年5月に長岡弘樹と対戦し、ジャブで削っての判定勝ち。GRANDウェルター級王者となっている。  対する渡辺は、MMA14勝14敗3分1NC。2019年6月の前回の川中との対戦では、1Rに渡辺が肩固め、マウントでエルボーを落とすなど優勢に立ったものの、2Rに川中がテイクダウウン。スタンドでも左右フックをヒットさせるなど反撃し、判定は3者とも19-19のマスト判定で渡辺の手が挙げられている。  2020年以降のここ5戦で3勝1敗1NCとコンスタントに白星を挙げている川中に対し、渡辺は川中戦後、2019年10月のDEEPで住村竜市朗に一本負けし、2022年5月の1年7カ月ぶりの復帰戦でもコマネチゆうた相手にアイポークでノーコンテストとなっている。  両者の3年半の軌跡が問われる再戦だ。 ▼第14試合 GRACHANライト級 5分2Rロクク・ダリ(TRI.H Studio/第2代GRANDウェルター王者)林RICE陽太(パラエストラ森ノ宮)  第14試合は、2021年11月の「RIZIN.32」で“ブラックパンサー”ベイノアに逆転負けしたロクク・ダリ(TRI.H Studio/第2代GRANDウェルター王者)が再起戦。林RICE陽太(パラエストラ森ノ宮)と対戦する。林は、2021年12月に藤村健悟に判定勝ちも、2022年は木村俊也、大宮優を相手に判定で2連敗中だ。  また、第12試合と第13試合に、桜井隆多(R-BLOOD)、荒東 怪獣キラー 英貴(パラエストラ大阪)、瓜田幸造(掣圏会瓜田道場)、ハシモト・ブランドン(JAWS WEST)の4選手が勝ち上がっている「無差別級トーナメント準決勝」。  第10試合と第11試合に、小島勝志(STYLE PLUS GYM)、鍵山雄介(総合格闘技道場コブラ会)、高橋孝徳(リバーサルジム新宿Me,We)、崎山勲(マッハ道場)の4選手が勝ち上がっている「フェザー級トーナメント準決勝」が行われる。両トーナメントともに、組み合わせは前日計量時に抽選で決定される。  第9試合は、3連勝中の岸本篤史(BRAVE)と、4連敗中の渡辺和幸(マッハ道場)のライト級戦。  そして、第8試合には既報通り、「GRACHAN無差別級」(5分2R)として、MMA2戦目となる元極真空手世界王者・上田幹雄(BRAVE)と、プロMMAデビュー戦となる韓国のソン・ムジェ(韓国:TEAM HON)の一戦が組まれている。  2022年の最終試合となる『GRACHAN58』で頭角を現すのは誰か。 [nextpage] GRACHAN58 全試合順 2022年12月4日(日)幕張メッセ 国際展示10ホール開場16:00 開始16:30※JR京葉線 『海浜幕張駅』から徒歩約5分GRACHAN放送局生配信  ▼第16試合 GRACHANウェルター級 5分2R川中孝浩(BRAVE/第3代GRANDウェルター王者)渡辺良知(SILVER BACK HOUSE)※初参戦 ▼第15試合 GRACHANバンタム級 5分2R伊藤空也(BRAVE/第6代GRACHANバンタム級王者)イ・ハンヒョン(AWE/Crazy Gwang Gym)※キム・ヒョリョンは怪我のため欠場 ▼第14試合 GRACHANライト級 5分2Rロクク・ダリ(TRI.H Studio/第2代GRANDウェルター王者)林RICE陽太(パラエストラ森ノ宮) ▼第13試合 無差別級トーナメント準決勝 ▼第12試合 無差別級トーナメント準決勝桜井隆多(R-BLOOD)荒東 怪獣キラー 英貴(パラエストラ大阪)瓜田幸造(掣圏会瓜田道場)ハシモト・ブランドン(JAWS WEST)※組み合わせは前日計量時に抽選で決定 ▼第11試合 フェザー級トーナメント準決勝 ▼第10試合 フェザー級トーナメント準決勝 小島勝志(STYLE PLUS GYM)鍵山雄介(総合格闘技道場コブラ会)高橋孝徳(リバーサルジム新宿Me,We)崎山 勲(マッハ道場)※組み合わせは前日計量時に抽選で決定 ▼第9試合 GRACHANライト級 5分2R岸本篤史(BRAVE)渡辺和幸(マッハ道場) ▼第8試合 GRACHAN無差別級 5分2R上田幹雄(BRAVE)ソン・ムジェ(韓国:TEAM HON) ▼第7試合 SJJJF提供試合 5分1R村田良蔵(Yawara Jiu-Jitsu Academy)田中義篤(CARPE DIEM 十勝) ▼第6試合 GRACHANフェザー級 5分2R萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)黒井海成(BRAVE) ▼第5試合 GRACHAN無差別級 5分2R石川 廉(BRAVE)田馬場貴裕(IMPACT) ▼第4試合 GRACHANバンタム級 5分2RYO-HEI(Brightness 門馬道場)ロバ・モー(AACC)※初参戦 ▼GRACHANバンタム級 5分2R松本大輔( IMNグラップリング/X-TREMEEBINA) 安部路人(フリー)※初参戦 ▼第2試合 GRACHANバンタム級 5分2R松本尚大(拳心會)佐々木歩夢(AACC) ▼GRACHANフライ級 5分2R水谷健人(リバーサルジム新宿Me,We)金井一将(BRAVE) オープニングファイト ▼第02試合 1MC提供試合無差別級1R2分 2R1分諏訪博之(フリー)利和(チームOTA) ▼第01試合 1MC提供試合無差別級1R2分 2R1分新玄(渡辺道場)クラッシャーコウ(フリー)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント