MMA
ニュース

【RIZIN】堀口恭司はチームBellatorで参戦「なんかRIZINを裏切った形になってすいません」、3度目の挑戦となる扇久保博正「堀口選手のことが大っ嫌い」

2022/10/26 18:10
【RIZIN】堀口恭司はチームBellatorで参戦「なんかRIZINを裏切った形になってすいません」、3度目の挑戦となる扇久保博正「堀口選手のことが大っ嫌い」

「フライ級」にてBellatorの堀口とRIZINの扇久保が3度目の対戦

 2022年12月31日の『RIZIN.40』(さいたまスーパーアリーナ)にて「RIZIN vs. Bellator 5対5 全面対抗戦」が決定。10月26日(水)18時から都内にて会見が行われ、下記4カードが発表された。



◆「RIZIN vs. Bellator 5対5 全面対抗戦」
※RIZINルール、リングを使用。

▼ライト級 5分3R
ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)現RIZINライト級王者
AJ・マッキー(米国)前Bellator世界フェザー級王者

▼フェザー級 5分3R
クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)現RIZINフェザー級王者
パトリシオ・“ピットブル”・フレイレ(ブラジル)現Bellator世界フェザー級王者

▼バンタム級 5分3R
キム・スーチョル(韓国)現ROAD FCフェザー級王者
フアン・アーチュレッタ(米国)元Bellator世界バンタム級王者

▼フライ級 5分3R
扇久保博正(パラエストラ松戸)RIZINバンタム級JAPAN GP 2021優勝
堀口恭司(アメリカントップチーム)現RIZN&元Bellator世界バンタム級王者

 両団体の5人目の選手は調整中で「近日中に発表予定」。

 フライ級で扇久保との3度目の対決が決まった(過去2戦は堀口の勝利)堀口は、「なんかRIZINを裏切った形になって申し訳ないです、すいません(笑)。扇久保選手とは3回目ということで、もう戦いたくないと言わせる試合をするのでよろしくお願いします」と、Bellator代表として挨拶。

 RIZIN代表として迎え撃つ扇久保は「堀口選手がこれまで戦ってきた相手、築いてきた実績は本当に僕も認めています。凄いことだと思います。ただ、僕は過去2回堀口選手と戦ってたくさん殴られたので、堀口選手のことが大っ嫌いです。やられた借りは返さないと男として納得できないので、今回勝って借りを返したいと思います。そして今回フライ級で戦うということで、世界中のファイターたちがRIZINでフライ級世界一を決められる舞台にしたいと思っているので、その一発目、僕と堀口選手で最高の試合をします」と、堀口に“3度目の正直”を果たしたいと話した。

 堀口は、現RIZINバンタム級王者&第7代Bellator世界バンタム級王者。2020年大晦日に朝倉海を1R TKOに下し、RIZIN王座を奪還すると、Bellatorで現王者のセルジオ・ペティス、GP1回戦でパトリック・ミックスに敗れて連敗。2022年9月に金太郎を2R 肩固めで極め、再起を遂げている。対抗戦では、Bellatorの契約下にあるため、Bellator陣営として出場する。

 対する扇久保は、RIZINバンタム級JAPAN GRAND-PRIX 2021で、春日井“寒天”たけし、大塚隆史、井上直樹、朝倉海を下して優勝。GP前の瀧澤謙太戦から5連勝をマークも、2022年9月にROAD FC王者のキム・スーチョルに判定負けを喫した。

 両者は、2013年の修斗と2018年のRIZINで過去2度、60kgで戦っており、いずれも堀口が勝利。

 ともに、今回はフライ級(56.7kg)に落としての3度目の対戦に臨む。かつて、UFC登竜門「TUF」で現UFCフライ級2位のアレッシャンドリ・パントージャらを下し準優勝となった扇久保と、デメトリアス・ジョンソンとのUFC世界フライ級王座戦を争った堀口が、フライ級に戻してどんなパフォーマンスを見せるか。扇久保が悲願の堀口撃破なるか、堀口が3度目も跳ね返すか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア